FC2ブログ

「東京にては男女ともおめでとうという……」

東京で学生生活をはじめた正岡子規が同地の正月で驚いたのは男女とも「おめでとう」と言うことだった。故郷松山では母親から「おめでとう」は女子の言葉で、男はただ「めでとう」とだけ言うものだと教えられていた。

明治十七年は初めて東都に居候の正月を迎へぬ。(中略)東京の正月も貴顕参朝の外には竹飾りの少し風の変りたると「おめでたう」といふ言葉のみ珍しく覚えぬ。余幼かりし時阿嬢(注-母の意)教へたまひけるは「おめでたうとは女子の語なり男は只めでたうと許(ばか)りいふべし」と余も男なれば其教に従ひ来れるを東京にては男女ともおめでたうといふ。さては東京は物事めゝしき処よと感じぬ。(正岡子規「新年二十九度」)


「旧年中はいろいろお世話になり~」などと言うのは商人だけだったとも子規は述べている。

我邦にては「新年おめでたう」と申して、何の恙も無く新年に取りついたといふ、現在の境遇を祝し候へども、西洋にては「君が幸福なる新年を望む」と申して未来の幸福を祈る由に御座候。(中略)然るに饒舌なる都人は此簡単なる祝辞に満足せずして附録を附け申候。それは「新年おめでたうございます、旧冬はいろいろお世話様に預りましてあり難う存じます、今年も相変らずお頼み申します」といふ意味を言葉短く申事に候。(中略)私の郷里にては、昔は、商人のみ旧冬云々の挨拶を述べ、士分以上は只「新年めでたう」といふばかりなりし由申候。さも潔く思はれ候。他藩にも同例多かるべくと存候。(正岡子規「消息」ホトトギス第3巻第4号 明治33年1月10日)


森鴎外の史伝『伊沢蘭軒』には次のような記述。

天保八年は蘭軒歿後第八年である。此年の元旦は、阿部家(注-備後福山藩)に於ては、新主正弘の襲封初度の元旦であった。正弘は江戸邸に於て家臣に謁を賜ふこと例の如くであったが、其間に少しく例に異なるものがあって、家臣の視聴を驚かした。
先例は藩主出()でて席に就き、前列の重臣等の面(おもて)を見わたし、「めでたう」と一声呼ぶのであった。然るに正弘は眦(まなじり)を放って末班まで見わたし、「いづれもめでたう」と呼んだ。新に添加せられたのは、唯「いづれも」の一語のみであった。しかし事々皆先例に遵(したが)ふ当時にあっては、此一語は能く藩士をして驚き且喜ばしめたさうである。(森鴎外『伊沢蘭軒』その二百四十四)


備後福山藩主の元日の祝辞は例年「めでとう」。藩主に限らず武士たるものは全国どこでも「めでとう」と言っていたのであろう。

【参考文献】
『子規全集』第12巻(随筆2)講談社 1975年10月
『鴎外選集』第8巻 岩波書店 1979年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

周防大島の「若者組」

宮本常一(民俗学者)の『家郷の訓』に、周防大島(山口県)の「若者組」の習俗についての記述がある。

若者組には十五歳になった正月四日に加入する。もとは村の旧家の一軒が世襲的に若者組の宿をしていて、若者のすべての会合にはその宿へ集まった。若者は十五歳から上で、結婚して樽入れの祝いをすれば仲間から退くことができたが、樽入れをしなければ三十歳で退くことができた。(中略)頭(かしら)は四人いて札入れできめた。(『家郷の訓』「若者組と娘仲間」)


「若者組」は平等性を原理としていた。

若者組には百姓の子だけでなく地侍の子も庄屋の子も一様に加入して、その待遇の上には差がなかった。従って侍の子だからといって特に頭に選ばれることもなかったし、組の中にあっても少しの距(へだ)てもしなかった。(同上)


「若者組」のおこなう行事は、正月の道つくろい(里の道の修繕)、一月七日の白木山(周防大島にある山)の相撲、夏のヒゴモリ(田植え後の豊作祈願と共同飲食)、盆踊り、盆の道つくろい、秋祭りの御供献進、同じく秋祭りの地狂言と神輿かきなどであった。

若者たちの日常の生活は村の中にいくつかある「若者宿」を中心にしてなされた。

日常の若者たちの生活は若者宿を中心にしてなされる。この宿は寄合の時集まる宿とはまた別で、泊り宿である。若者組はこの泊り宿とは直接本末的な関係はなく、泊り宿の方は任意で、泊りに行かない若者も多かった。しかしできるだけ泊り宿へ出そうと勧めるのは家の母であった。「世間を見ておかねば……」とか「人並みのことはしなければ……」というのがその理由であった。
泊り宿は村の中にいくつもあった。普通の民家が宿になったもので、そういう家の表の間を借りて寝泊りしたのであるが、この宿がまた一種世襲的になっていた。この泊り宿へも十五歳になると行くことができた。(同上)


この「若者宿」では先輩格の者が年少者に手仕事、その他いろいろなことを教える。

先輩たちはそれから若い宿子に対して色々のことを教えていくのである。第一に丁髷(ちょんまげ)時代にはこの丁髷を結うてやるのが兄分たちであった。夜業(よなべ)なども一緒に行なうことが多く、そういう指導はすべて兄分の役目で、莚を織ったり菰を編んだり、籠を作ったりするようなむずかしい手仕事はたいていこの宿仲間から教えられたという。そして特に親しい仲であると、兄弟分になった。兄弟分といってもむずかしい儀式はなかったが、一たび兄弟分になつと親身(しんみ)の兄弟以上に仲がよくなった。(中略)
泊り宿の生活は若者としてのたしなみを得る大切な方法であった。だから泊り宿へも行かぬような者は世間見ずと言われたものである。事実出る所へ出て物の言えるようになるのはこの泊り宿の生活からであった。(同上)


「若者宿」での夜の仕事を終えると、「娘宿」などへ行って遊んで帰る。

若者たちは夜業の一しきりもすると、それから娘の家などへ遊びに行き、戻って宿で寝る。娘たちも自分の家にいることは少なくたいてい娘宿またはどこかの家に集まって苧績(おう)みや木綿ひきをしている。そういうそばで遊んで来るのだが、あまり無駄口ばかりして遊んでいると、娘たちに笑われたり冷かされたりするので、中には土間の隅のダイガラで米や麦を搗きながら娘たちと談笑する者もあった。(同上)


「若者組」の男たちと娘仲間は団体で親しくしていた。正月と盆の道つくろいのときなどは、「若者組」の男たちが全部出て仕事に励み、娘仲間がかれらのために食事の用意をしてふるまう。道つくろいの重労働も娘仲間が用意してくれる食事があるがために、本当に楽しく、よい思い出となったという。

周防大島の「若者組」、村の若者たちはこれに加わることによって、村の伝統と慣習を学び、一人前の村人となっていったのである。

【参考文献】
宮本常一『家郷の訓』岩波文庫 1984年7月

DSCF8095_convert_20140422095441.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

汽車に化ける狸

汽車に化ける狸などというのは松山の毘沙門狸(ブログ本年10月8日記事参照)だけかと思っていたが、他にも例はあるらしく、柳田国男の「狸のデモノロジー」(大正7年9月)には

東海道の鉄道沿線には狸が能く汽車の真似をする。先づ遠くに赤い灯光が見えると思ふと次第にガーガーと凄じい音響が加はるので何であらう、貨物列車も通る時間ぢゃないと思うて間近くなるや、灯光は車輪の響と共にバッタリ跡方もなく消え失せる是は狸の仕業だといふ話もある。


とある。同論考には蒸気船に化ける狸の話というのも出ている。

又常陸の霞浦附近は即ち土浦辺では能く狸が河蒸気の真似をしてポーポーッと威勢能く入って来る。今夜は常よりも少し早く這入って来たなと思って岸に出て見ると何の影もないと云ふ話も聴いた。


いずれも鉄道や蒸気船がまだ珍しかった時代にできた話であろう。狸というのは時代の新しい事物に化けようとするものであるらしい。

【参考文献】
『柳田国男全集』第25巻 筑摩書房 2000年2月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

くしゃみ

古代ギリシアでは「くしゃみ」は吉兆と考えられていた。ホメロスの『オデュッセイア』にはテレマコスが大きなくしゃみをして母ペネロペイアが吉兆と喜ぶ場面がある。

こういったとたん、テレマコスが大きなくしゃみをし、部屋全体に凄まじく鳴り響いた。ペネロペイアは声を出して笑い、直ぐエウマイオスに翼ある言葉をかけていうには、「さあ行ってあの他国の男を、こうしているわたしの前へ呼んで来ておくれ。いま倅がわたしのいったことの総てに、幸先よくくしゃみをしたのをそなたも見たであろう。されば、求婚者全員に死は必ずや訪れ、一人として死の運命を免れることはできまい。(以下略)」(『オデュッセイア』第17歌541行)


テレマコスのくしゃみはペネロペイアに求婚する暴慢な男どもに死が訪れるというしるしであった。

クセノポンの『アナバシス』にもくしゃみを吉兆とする記述がある。

彼がこう言っている時、くしゃみをした者がいた。兵士たちはそれを聞くと、全員一斉にひざまずいて、吉兆を示し給うた神に拝礼した。(『アナバシス』巻3・第2章)


古代ギリシアの人々は不意におこるくしゃみを神によって示される吉兆ととらえたのであった。

上代の日本ではくしゃみは人が自分のことを思っていることのしるし、また、恋人が訪れてくることのしるしと考えられていた。『万葉集』の下に引く歌にその意がみえる。

うち鼻ひ 鼻をぞひつる 剣大刀(つるぎたち) 身に添ふ妹(いも)し 思ひけらしも(『万葉集』巻11・2637)


「鼻ひ(終止形「はなふ」)はくしゃみをすること。「くしゃみが出、またくしゃみが出た。腰に帯びる剣の大刀のように、いつも身に添い寝るあの子が、私のことを思っていてくれるらしい」という歌意で、くしゃみが出るのは恋人に思われていることのしるし。

眉根(まよね)掻き 鼻ひ紐解け 待つらむか いつかも見むと 思へる我れを(『同上』巻11・2408)


「眉根掻く」「鼻ふ」「紐解く」はいずれも人に逢える前兆。「眉を掻き、くしゃみをし、紐も解けて、今頃待ち設けているのだろうか。いつ逢いに行けるかと思い悩んでいる私なのに」という歌意。

後の時代には、くしゃみは悪いことの起こる前兆と解され、くしゃみが出たときには「くさめくさめ」という災い除けの呪文を唱えた。『徒然草』に「くさめくさめ」と唱える尼の話(第47段)があるが、教科書にも出るよく知られた話なので引用は省略する。

【参考文献】
西尾実・安良岡康作校注『新訂 徒然草』岩波文庫 1985年1月
松平千秋訳『アナバシス』岩波文庫 1993年6月
松平千秋訳『オデュッセイア(下)』岩波文庫 1994年9月
伊藤博『萬葉集釋注 六』集英社文庫 2005年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

正岡子規「節分」についての記述

正岡子規が子供の頃の節分は、鬼やお多福に扮した門付藝人が家々を訪い遊藝を行うという古俗を残すものであった。

此時只恐ろしきものは節分の日の赤鬼なりき。門の外につゝ立ちて竹のさゝらを突き鳴らし「鬼にもくれねば這入らうか這入らうか」とおらびたる時は膽魂も一時に消ゆる心地して若し這入り来らば如何にしてましと独り胸騒ぐ時お多福は鬼を制して「鬼は外に居れ福が一処にもろてやろ」と自らを玄関迄来り「御繁昌様へは福は内、鬼は外、福々福入り福入り」といふ。此時遅しと待ち構へ切餅数個を持ち出でゝお多福に与ふれば鬼もお多福もかたみに打ちさゝやぎつゝ往ぬめり。あとには恐ろしき者もなければおのが年の数を豆に数へて紙などに包みなどす。婆殿の豆の七十にも余りたることの羨ましくおのれの年の十にも足らぬは本意なき心地せり。其夜厄払を呼びて其豆を与へなどせしは十一二歳の頃迄にて其後は厄払といふ者も来ずなりにけり。(正岡子規「新年二十九度」)

女はお多福の面を被り、男は顔手足総て真赤に塗り額に縄の角を結び手には竹のささらを持ちて鬼にいでたちたり。お多福先づ屋敷の門の内に入り、手に持てる升の豆を撒くまねしながら、御繁昌様には福内鬼は外、といふ。この時鬼は門外にありてささらにて地を打ち、鬼にもくれねば這入らうか、と叫ぶ。そのいでたちの異様なるにその声さへ荒々しければ子供心にひたすら恐ろしく、もし門の内に這入り来なばいかがはせんと思ひ惑へりし事今も記憶に残れり。鬼外にありてかくおびやかす時、お多福内より、福が一しょにもろてやろ、といふ。かくして彼らは餅、米、銭など貰ひ歩行(ある)くなり。やがてその日も夕になれば主人は肩衣を掛け豆の入りたる升を持ち、先づ恵方に向きて豆を撒き、福は内鬼は外と呼ぶ。それより四方に向ひ豆を撒き福は内を呼ぶ。これと同時に厨にては田楽を焼き初む。味噌の臭に鬼は逃ぐとぞいふなる。撒きたる豆はそを蒲団の下に敷きて寝れば腫物出づとて必ず拾ふ事なり。豆を家族の年の数ほど紙に包みてそれを厄払にやるはいづこも同じ事ならん。たらの木に鰯の頭さしたるを戸口々々に挿むが多けれど柊ばかりさしたるもなきにあらず。それも今はた行はるるやいかに。(同『墨汁一滴』明治34年2月4日条)


節分の夜の「厄落とし」の習俗もまだ残っていた。

節分には猶さまざまの事あり。(中略)又この夜四辻にきたなき犢鼻褌(ふんどし)、炮烙(ほうろく)、火吹竹(ひふきだけ)など捨つるものあり。犢鼻褌の類を捨つるは厄年の男女その厄を脱ぎ落すの意とかや。それも手に持ち袂(たもと)に入れなどして往きたるは効(かい)無し、腰につけたるまゝにて往き、懐より手を入れて解き落すものぞ、などいふも聞きぬ。炮烙を捨るつは頭痛を直す呪(まじない)、火吹竹は瘧(おこり)の呪とかいへどたしかならず。(同『墨汁一滴』明治34年2月6日条)


子規のこうした記述は明治初期の節分風俗を伝える貴重な証言ともなっている。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第11巻(随筆1)講談社 1975年4月
『子規全集』第12館(随筆2)講談社 1975年10月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード