御幸寺山

城北の御幸寺山(標高164.6m)

秋の山御幸寺と申し天狗住む 正岡子規(明治28年9月20日)


DSCF5037_convert_20120313154731.jpg

↓ 山頂近くの岩石
DSCF5052_convert_20120313212652.jpg

DSCF5059_convert_20120313212756.jpg

DSCF5064_convert_20120313213714.jpg

↓ 山頂
DSCF5082_convert_20120313212856.jpg

DSCF5122_convert_20120313213006.jpg

↓ 山頂からの眺望・道後方面
DSCF5086_convert_20120314073132.jpg

↓ 山頂からの眺望・城山
DSCF5100_convert_20120314073227.jpg

城下の周囲にある山川または神社仏閣等は普く歩き廻って、殆んど足跡の到らぬ所なきに至った。まず山では城下の北方にある御幸寺山、これは天狗が居ると言って恐れた所だったが、そんな事は意に介せず、度々山頂まで登った、山頂には大きな岩があって、その上に小さい祠が祀ってあった。この岩には貝の殻が着いていた。けだし太古の地変で海面が凸起した遺跡であろう。尤もかかる事も奇怪の一つとし、或る季節に祭典を執行する行者が登る外は、他の者は一切足踏みせぬ事になっていた。それを迷信だといって平気で登るのが当時の漢学生等の自慢とするところであった。(内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』六)


これは松山の北郊にあって、御幸寺と書いて「みきじ」と訓むのである。岩骨の露出してをる山であって、稀に松が生えてをる。その山の姿がさも天狗でも棲んでをるであろうと思はれる形をしてをる。此山に登らうとして墜落した者がありでもした処からそんな噂を生んだものであらうか。とにかく私も子供の時分、御幸寺には天狗が棲んでをると言ふことを聞いて、恐ろしく感じてをったものである。(高浜虚子『子規句解』)



【典拠文献】
『子規遺稿 散策集』(松山市民双書1増補版)松山市教育委員会 1977年11月
高浜虚子『子規句解』(松山市民双書21)松山市教育委員会 1979年3月
内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』岩波文庫 2002年7月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード