「三津の渡し」

三津の旧・須先町(現・三津1丁目)と港山(古深里)の間(約80m)を結ぶ市営の渡し船。
市道高浜二号線の一部。年中無休で、7:00~19:00随時運航。所要時間約2分。無料。
DSCF3950_convert_20120219135705.jpg
「須先の渡し」「港山の渡し」「古深里(こぶかり)の渡し」などともいう。
今は動力船であるが、昭和45年(1970)以前は手漕ぎ船であった。

DSCF3968_convert_20120219135801.jpg
現在就航している船は一昨年建造の「こぶかり丸」。

DSCF1051_convert_20120219135532.jpg
戦国時代、河野通春が港山城主だったころ、船で城兵の食糧を運ばせたのがこの渡しの始まりであるという。

DSCF7984_convert_20120408202717.jpg
藩政時代は三津の御船手の管理のもとに運航されていた。
俳人・小林一茶も古深里の洗心庵訪問(寛政7年〈1795〉2月)の折に利用したといわれる。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード