FC2ブログ

河東碧梧桐の墓

河東碧梧桐(1873-1937)の墓は、郷里松山の宝塔寺墓苑(朝日ヶ丘1丁目)と東京台東区の梅林寺とにある。

↓ 宝塔寺墓苑の碧梧桐墓。
DSCF3272_convert_20120122151411.jpg 
「碧梧桐墓」の四字は自身の生前揮毫。

因に墓銘の事で一言する。梅林寺のもここ(注-宝塔寺墓苑)のも先生御自署の「碧梧桐墓」であるが、この墓銘はこの地(松山)の先生の侍者だった故藤田杉晩君が生前来松中の先生に「先生私の墓銘を書いて置いて下さい」というのを引取って「イヤ君は若い、僕のを書いて置こう」と即座揮毫されたもの是(これ)であった。(亀田小蛄『子規時代の人々』)


↓ 碧梧桐の墓の隣りには父・河東静渓の墓がある。 
DSCF3269_convert_20120122151242.jpg

親友で俳句のうえではライバルだった高浜虚子の碧梧桐追悼句。「碧梧桐とはよく親しみよく争ひたり」の詞書で、

たとふれば独楽のはぢける如くなり


今日2月1日は碧梧桐の忌日である。

【典拠文献・参考文献】
亀田喜一(小蛄)『子規時代の人々』うぐいす社 1967年1月
高浜虚子『虚子五句集(上)』岩波文庫 1996年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード