『三津の古建築ものがたり』

年の暮れに良い本が出た。池田由美(著)『三津の古建築ものがたり』(愛媛新聞サービスセンター・本年12月刊)。三津の町に点在する江戸~昭和初期の古建築18棟を紹介した本である。取材に1年半、取材ノートは8冊に及んだというから、かなりの調査を経たうえでの出版。90ページほどの本だが、情報量は極めて多い。著者は横浜市の生まれ。三津の古民家・木村邸を訪れたのがきっかけで、この町に魅力を感じ、「次第に三津の虜(とりこ)となっていった」(本書「まえがき」)という。「三津は他の町に見られないような個性を持つ魅力的な町である」(同)。本書はその魅力を伝えたいという思いで書かれている。三津を訪れたことがない人にとっては絶好のガイドブック、三津在住の人にとっては地元の魅力再発見の書。年の暮れ、好著の出現である。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード