FC2ブログ

旧国名の謎

伊予国には伊予郡がある。同様に土佐国には土佐郡があり、阿波国には阿波郡がある。このように国名と同じ郡名を有するところは、上記の他、出雲、河内、和泉、安芸、大隅、薩摩、壱岐、駿河の諸国である。これらの国にはなぜ国名と同一の郡名があるのだろうか。注意を引くのは、これらの国が駿河以外、すべて西国の諸国であるということである。平川南(日本古代史)は、「国名決定の原理には西の諸国と東の諸国で大きな違いがある」といい、次のような指摘をしている。

西国は東国に比べて、早い段階からそれぞれの地域が自立的に地域支配を確立し、一時期は畿内を基盤とするヤマトと拮抗する勢力さえ存在した。しかし、ヤマト朝廷による全国的支配の確立に伴い、それぞれの国の成立に際しては、出雲、吉備などの地域勢力の名称がそのまま国名として命名された。このため、西国の国名については、郡名と同一の国名が多く存在すること、また各国相互の関連性(命名に際しての共通の原理)も認められないことなどの傾向が指摘できるのである。一方、東国はヤマト朝廷に新しく服属した地域であり、朝廷は現地の豪族を国造(くにのみやつこ)に任命し、その勢力基盤とした。そのために東国の国名は西国と異なり、ヤマト朝廷側からの視点で命名されたのではないか。(中略)東国と西国の国名はまったく異なる命名原理のもとに定められ、自立的に命名された西国の国名に対して、東国の国名が中央からの視点で付けられたことが明らかになった。


東国の国名が中央(ヤマト朝廷)からの視点で命名されているというのは、例えば、近江(おうみ)国が都に近い琵琶湖を「近つ淡海(ちかつあわうみ)」と称したことに由来するものであり、遠江(とおとうみ)国が都から遠い浜名湖を「遠つ淡海(とおつあわうみ)」と称したことに由来するものであることなどを指す。この両国はヤマト朝廷から見ての遠近感にもとづいて国名が決定されている。このように東国は中央から見た地形、地理等によってその国名が付けられていて、地域勢力の名称に由来する西国の国名とはまったく命名原理が異なっている。東国と西国で国名の由来にこうした相違があるということは、古代国家の成立過程がいかなるものであるかということを示すものでもある。

[注]平川南引用文中にある「吉備」は令制では備前、備中、備後の三か国に分割され、のちさらに美作が分立した。出羽国にも出羽郡があり、伊賀国にも伊賀郡があるが、この両国は成立事情を異にしている。出羽国は越後国の出羽郡が国として昇格したものであり、伊賀国は伊勢国から分立したものである。

【参考文献】
平川南『日本の歴史2 日本の原像』小学館 2008年1月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード