FC2ブログ

「東京松山比較表」

明治22年(1889)12月、正岡子規(数え年23歳)は東京上野無極庵で開かれた「松山会」の例会で、「東京松山比較表」(『筆まかせ』第一編「松山会」)なるものを発表し、会を大いに盛り上げた。同表は東京と松山のさまざまな事物、人物を70項目近くにわたって対比したもので、その作成にあたっては、「竹村、伊藤、伊東温、新海、河東、諸君の与(あずか)りて力をかされたる者」であるという。若き日の子規が「松山会」でのうけを狙って戯作的なこの表を友人たちと懸命に作っていたのかと思うと、なんともほほえましい。一部省略したところもあるが、下にその「東京松山比較表」なるものを引用してみよう。

東京 松山
宮城 松山城
内閣 県庁
丸ノ内 堀ノ内
日比谷練兵場 堀ノ内練兵場
青山練兵場 一万練兵場
東京府庁 和気久米郡役所
警視庁 松山警察署
帝国大学 松山師範学校
第一高等中学校 尋常中学校
横浜 三津
新橋横浜間鉄道 松山三津間鉄道
品川停車場 三津口停車場
隅田川 石手川
吾妻橋 立花橋
三叉 出合ノ渡
番町 一番町二番町三番町
日本橋通 長町
伝馬町通 本町
人形町通 大街道
愛宕山 東雲台
御殿山 西山
飛鳥山 道後公園
増上寺 大林寺
金春烏森 千舟町
芳原 道後松ケ枝
洲崎 三津新地
神田川 中ノ川
九段坂 毘沙門坂
湯島天神 立花天神
山王 道後八幡
神田明神 阿沼美神社
氷川神社 雄栗神社
池上本門寺 西山お石塔
千住口 新立口
千住大橋 新立橋
上野東照宮 東雲神社
江戸川製紙場 新場所
日本橋魚河岸 日切前魚市
本願寺 勧善社
日本橋 札ノ辻
新宿 藤原
博物館 物産陳列所
鹿鳴館 公会堂
日本銀行 五十二国立銀行
三井銀行 越智組
東京ホテル 木戸屋
八百松 中よし
八百膳 花廼舎
無極庵 うどん亀屋
大丸 米周
越後屋 米藤
白木屋 しほや
新富座 三番町定小屋
歌舞伎座 新栄座
白梅亭 大街道改良座
風月堂 三番町豊国堂
いろは 村井
練馬大根 斎院(原)大根
言問団子 橋本餅
東京日日新聞 海南新聞
東京新報 愛比売新聞
中村正直先生 河東坤先生
三島中洲 近藤南洋
福沢諭吉 大野侗吉


若干、注を付しておくと、「三津口停車場」は旧・古町駅(現在の市内電車萱町6丁目電停付近にあった)。
「芳原」(吉原)、「洲崎」は東京の代表的な遊郭街。当時、松山にあった遊郭は「道後松ケ枝」と「三津新地」の2か所のみであった。「洲崎」が海沿いであることから、子規はこれを同じく海沿いの「三津新地」に比定したのであろう。「松山三津比較表」が発表された明治22年の時点では、三津の東西新地(住吉1~2丁目)に置屋や料理屋が並んでいたようであるが、明治26年に遊郭は稲荷新地(旧船場西南部)に移転し、昭和初期まで活況を呈していた。
「木戸屋」は三番町のきどや旅館(城戸屋旅館)。漱石の『坊っちゃん』に描かれている山城屋とはこのきどや旅館のことである。
「米周」「米藤」「しほや」は湊町4丁目の呉服店。「米周」は現在の米周ビルがあるところ、「米藤」はその東隣りにあった。「しほや」は現在の塩屋呉服店である。
「河東坤先生」は碧梧桐の父、河東静渓。詩文に巧みな漢学者で、その河東塾には多くの子弟が集まった。

子規の『筆まかせ』には、この「東京松山比較表」の後に次のようなコメントが付されている。

右読み終りし時、南塘先生曰く、此外に尾上菊五郎と土居菊次郎ありと。伊佐庭氏曰く、右の比較表中、総て松山の方が劣るものなれども、独り山王と湯月八幡との比に至ては湯月八幡の方、勝ること万々なりと。又ある人の曰く、松山にありて東京になき者二あり。道後の湯と緋の蕪となりと。かくて笑ひ興じ、終には芸まわしなど始まりて松山会あってより以来の盛会と見受けられたり。


「比較表」の発表によって「松山会」が盛会となったと記す子規の口吻はどこか得意げである。

【典拠文献・参考文献】
三津浜郷土史研究会編『三津浜誌稿』1960年12月
『子規全集』第10巻 講談社 1975年5月
大石慎三郎監修『日本歴史地理大系39 愛媛県の地名』平凡社 1980年11月

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード