「伊号第三十三潜水艦慰霊碑」(興居島)

DSCF0053_convert_20111029190918.jpg

DSCF0055_convert_20111029082528.jpg

伊號第三拾三潜水艦慰霊碑
昭和拾九年六月拾参日本艦は太平洋戦場に出撃の為め
呉出港伊豫灘で急速潜航運動中不慮の災禍に會ひ由利
島南方水深六拾壹米の海底に沈み百余の英霊は艦と共
に九年の長い間海底で悲しみの日を過されたが呉市北
星舩舶工業株式會社の犠牲的努力と地元有志の協力を
得て此地点沖で浮揚作業の効成り慰霊の祭典を営み多
数遺家族の方々と無言の對面が出来たことを記念し其
霊を慰める為め此処に記念の碑を貽す
昭和貳拾八年六月二十一日 愛媛縣知事 久松定武
                   建立者呉市北星舩舶工業株式會社長 又場常夫
                   建立協力者愛媛縣遺族會々長 久松定武
                   愛媛縣興居島村々長 三喜長太郎
                   愛櫻會々長 曾禰章


興居島の御手洗(みたらい)にある「伊号第三十三潜水艦慰霊碑」。太平洋戦争中の昭和19年(1944)6月13日に起こった「伊号第三十三潜水艦」沈没事故の犠牲者を追悼して建てられた碑である。事故は伊予灘での急速潜航訓練中に起こったもので、由利島と青島の中間付近の水深約60mの海底に艦が沈没、乗員104名中、102名が死亡した。沈没の原因は、給気筒からの海水の浸入。呉工廠での修理中に円材が給気筒内に落ち込んで頭部弁の間にはさまり、弁の閉鎖を妨げていたために、その間隙から海水が浸入したのであった。戦時中、この事故は軍によって秘匿されたが、昭和28年(1953)、引き揚げ作業がおこなわれて、興居島の御手洗海岸に曳航された。収容された遺体のうち13体は浸水を免れた前部兵員室で、無菌・真空の冷凍状態にあったため、ほぼ生前のままの姿であったという。

この事故の顛末と引き揚げ作業の詳細を記録した小説に吉村昭の『総員起シ』がある。同小説の冒頭の一節、

私が一隻の潜水艦に強い関心をいだいたのは、六葉の写真を眼にしてからだった。
秋風の立ちはじめた頃、知人のN氏が珍しい遺体写真があるが見る気はないか、と私に言った。(中略)遺体は、生きたままさながらの姿で印画紙に焼きつけられているという。


六枚の遺体写真を眼にしたのが作者の同小説執筆の動機であった。これらの写真は中国新聞社の記者が撮影したものであったが、余りにも生々しいものであったために新聞には掲載されなかったという。

【典拠文献・参考文献】
吉村昭『総員起シ』文春文庫 1980年12月
『愛媛県百科大事典』上巻(大野毅執筆「伊号33潜水艦沈没」の項)愛媛新聞社 1985年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード