子規「五色そうめん」の句

   ある人に国産の素麺を贈るとて
文月のものよ五色の糸素麺
   ある人に国産の素麺を贈らんと思ひしに秋になりて其品届きけるに
江戸の秋に四国の夏の届きけり


子規、明治26年(1893)の句。前書の「国産」は故郷(松山)の特産の意。「松山名産の五色そうめんを贈ろうと思って取り寄せたのだが、それが秋になって届いた。五色そうめんは夏七月(文月)の味なのに」が前書と句の意である。松山地方は古くから小麦の産地で、小麦粉を原料とするそうめんも江戸時代からその特産品であった。老舗森川(代替りで小西を名のっていた時期もある。子規在世当時は小西)の五色そうめんは有名で、上引から窺えるように、子規も贈り物として重宝していた。歌人・長塚節も松山に来遊したおり、気に入って買い求めたことがその書簡(明治45年7月24日付・長塚源次郎宛)に見える。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第1巻(俳句1)講談社 1975年12月
和田茂樹『子規の素顔』愛媛文化振興財団 1998年3月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード