『吾輩は猫である』に見える日露戦争(2)

前回のつづき

⑦先達中(せんだってちゅう)から日本は露西亜と大戦争をして居るさうだ。吾輩は日本の猫だから無論日本贔屓である。出来得べくんば混成猫旅団を組織して露西亜兵を引っ掻いてやりたいと思ふ位である。(第五回・明治38年7月)

⑧是から作戦計画だ。どこで鼠と戦争するかと云へば無論鼠の出る所でなければならぬ。如何に此方に便宜な地形だからと云って一人で待ち構へて居てはてんで戦争にならん。是に於てか鼠の出口を研究する必要が生ずる。どの方面から来るかなと台所の真中に立って四方を見回はす。何だか東郷大将の様な心持がする。(中略)わが決心と云ひ、わが意気と云ひ、台所の光景と云ひ、四辺の寂寞と云ひ、全体の感じが悉く悲壮である。そうしても猫中の東郷大将としか思はれない。(中略)東郷大将はバルチック艦隊が対馬海峡を通るか、津軽海峡へ出るか、或いは遠く宗谷海峡を回るかに就て大に心配されたさうだが、今吾輩が吾輩自身の境遇から想像して見て、御困却の段実に御察し申す。吾輩は全体の状況に於て東郷閣下に似て居るのみならず、此格段なる地位に於ても亦東郷閣下とよく苦心を同じうする者である。(中略)鼠は旅順椀の中で盛に舞踏会を催ふして居る。(中略)残念ではあるがかゝる小人を敵にしては如何なる東郷大将も施こすべき策がない。(同上)

⑨主人は何と思ったか、ふいと立って書斎の方へ行ったがやがて一枚の半紙を持って出てくる。「東風君の御作も拝見したから、今度は僕が短文を読んで諸君の御批評を願はう」と聊か本気の沙汰である。「天然居士の墓碑銘ならもう二三遍拝聴したよ」「まあ、だまって居なさい。東風さん、是は決して得意のものではありませんが、ほんの座興ですから聴いて下さい」「是非伺ひませう」「寒月君も序(ついで)に聞き給へ」「序でゞなくても聴きますよ。長い物ぢゃないでせう」「僅々六十余字さ」と苦沙弥先生愈手製の名文を読み始める。
「大和魂! と叫んで日本人が肺病やみの様な咳をした」
「起し得て突兀ですね」と寒月君がほめる。
「大和魂! と新聞屋が云ふ。大和魂! と掏摸(すり)が云ふ。大和魂が一躍して海を渡った。英国で大和魂の演説をする。独逸(ドイツ)で大和魂の芝居をする」
「成程こりゃ天然居士以上の作だ」と今度は迷亭先生がそり返って見せる。
「東郷大将が大和魂を有(も)って居る。肴屋の銀さんも大和魂を有って居る。詐欺師、山師、人殺しも大和魂を有って居る」
「先生そこへ寒月も有って居るとつけて下さい」
「大和魂はどんなものかと聞いたら、大和魂さと答へて行き過ぎた。五六間行ってからエヘンと云ふ声が聞こえた」
「その一句は大出来だ。君は中々文才があるね。それから次の句は」
「三角なものが大和魂か、四角なものが大和魂か。大和魂は名前の示す如く魂である。魂であるから常にふらふらして居る」
「先生大分面白う御座いますが、ちと大和魂が多過ぎはしませんか」と東風君が注意する。「賛成」と云ったのは無論迷亭である。
「誰も口にせぬ者はないが、誰も見たものはない。誰も聞いた事はあるが、誰も遇った者がない。大和魂はそれ天狗の類か」(第六回・明治38年10月)


ロシアのバルチック艦隊が対馬海峡、津軽海峡、宗谷海峡のどこを回航して来るのか、決戦をひかえて、日本ではそれが大問題となっていた。⑧はそのことの反映である(もっとも⑧の第五回掲載時点では同艦隊との決戦=日本海海戦は終結している)。連合艦隊司令長官・東郷平八郎はバルチック艦隊が対馬海峡を通って来るということを確信していたといわれ、司馬遼太郎も『坂の上の雲』ではそのように描いているが(文春文庫新装版7巻322頁)、事実は異なり、東郷はぎりぎりまでバルチック艦隊が津軽海峡に向かうと考えていたらしい。⑧に「旅順椀」とあるのは旅順湾のもじりである。⑨の「大和魂」云々は当時の社会風潮を痛烈に批判したものであろう。

s0198r.jpg

【典拠文献】
『漱石全集』第1巻 岩波書店 1993年12月
司馬遼太郎『坂の上の雲(七)』文春文庫(新装版) 1999年2月
中村政則『「坂の上の雲」と司馬史観』岩波書店 2009年11月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード