「虎の鳴き声を聞かうと思ふんです」(漱石『吾輩は猫である』)

DSCF2747_convert_20110526124100.jpg

夏目漱石の『吾輩は猫である』に、寒月君と苦沙弥先生の次のような珍妙なやりとりがある。

「実は一寸先生を誘ひに来たんですがね」
「どこへ行くんだい。又赤坂かい。あの方面はもう御免だ。先達(せんだって)は無闇にあるかせられて、足が棒の様になった」
「今日は大丈夫です。久し振りに出ませんか」
「どこへ出るんだい。まあ御上がり」
「上野へ行って虎の鳴き声を聞かうと思ふんです」
(中略)
「虎の鳴き声を聞いたって詰らないじゃないか」
「えゝ、今ぢゃいけません、是から方々散歩して夜十一時頃になって、上野へ行くんです」
「へえ」
「すると公園内の老木は森々(しんしん)として物凄いでせう」
「さうさな、昼間より少しは淋しいだらう」
「それで何でも成るべく樹の茂った、昼でも人の通らない所を択(よ)ってあるいて居ると、いつの間にか紅塵万丈(こうぢんばんぢゃう)の都会に住んでる気はなくなって、山の中へ迷ひ込んだ様な心持ちになるに相違ないです」
「そんな心持ちになってどうするんだい」
「そんな心持ちになって、しばらく佇んで居るとたちまち動物園のうちで、虎が鳴くんです」
「そう旨く鳴くかい」
「大丈夫鳴きます。あの鳴き声は昼でも理科大学へ聞える位なんですから、深夜闃寂(げきせき)として、四望人なく、鬼気肌(はだえ)に逼って、魑魅(ちみ)鼻を衝く際に……」
「魑魅鼻を衝くとは何の事だい」
「そんな事を云ふぢゃありませんか、怖い時に」
「さうかな。あんまり聞かない様だが。夫(それ)で」
「それで虎が上野の老杉(ろうさん)の葉を悉く振い落す様な勢で鳴くでせう。物凄いでさあ」
「そりゃ物凄いだろう」
「どうです冒険に出掛けませんか。屹度愉快だらうと思ふんです。どうしても虎の鳴き声は夜なかに聞かなくっちゃ、聞いたとはいはれないだらうと思ふんです」


夜、上野に虎の声を聞きに行こうと妙な提案をする寒月君。「あの鳴き声は昼でも理科大学へ聞える位なんです」と言っているが、明治35年刊・石川千代松『上野動物園案内』に虎ならぬライオンが「夜分ニ吠ユルトキハ本郷辺マデハ聞ユル」との記述があるから、寒月君のこの発言は全くのでたらめというわけでもなかったようである。小説ではこのあと二人が上野に出掛けるのだが、そこで何が起こったかは書かれていない。

〔画像は愛媛県立とべ動物園〕

【典拠文献・参考文献】
石川千代松『上野動物園案内』東京帝室博物館 1902年5月
『漱石全集』第1巻 岩波書店 1993年12月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード