「春風やふね伊豫に寄りて道後の湯」

CIMG2036_convert_20110517164816.jpg
「春風やふね伊豫に寄りて道後の湯 極堂」
柳原極堂、明治30年(1897)4月3日、松風会例会・席題吟「名所詠みこみ」の句。極堂の代表句で、子規もこの句を推賞したという。いかにも春らしい駘蕩とした雰囲気が句に漂っているのは、「ふね伊豫に寄りて」が字余りとなっているせいもあるだろう。句碑(極堂自筆)は道後温泉駅前の放生園にある。

柳原極堂は子規の親友。その著『友人子規』は子規の生涯を知るための基本史料である。

【参考文献】
松山市教育委員会編『俳句の里 松山』松山市役所 1994年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード