三輪田米山「上善如水」(井手神社の注連石)

井手神社(松山市北立花町)の注連石(しめいし)。
CIMG2760_convert_20110416135145.jpg
刻銘は三輪田米山六十三歳の書で「上善」「如水」。「上善如水(上善は水の如し)」は『老子』の言葉で、「最上の善なるあり方は水のようなものだ」の意。

CIMG2758_convert_20110416135237.jpg
「上善」

CIMG2759_convert_20110416135346.jpg
「如水」

古来、支那日本の名筆遺墨にして、其肉筆の研究に資し得るものゝ限りに於て、高僧慈雲、寂厳、良寛、明月の四人者を以て、秘かに、五百年来の四大書聖と仰ぎしに、今茲に八十八歳までの長寿を書に三昧せし、三輪田米山を詳さに知るに至りました。その学識の深遠さ、心境の幽玄さと風格の崇高さに於て、遥かに慈雲に、又、其芸術の独創性と個性の強烈、虚実リズムの交奏に於て遠く寂厳に、独また其稚拙と枯淡と詩境に於て、良寛に、其師承の最も太古にして本格的たると、其表現の更に奔放自在超脱無礙たると、及び其運筆のひと際豪放闊達、変幻極まりなきなどに於て、総合点最も高く、遂に書家としての力量の限りに於ては、一躍右四人者を越えて、第一位に推すの止み難きを感ずるまでになりました。(『山本發次郎遺稿』山本發次郎は書画に造詣の深い大阪の実業家)



【参考文献】
『山本發次郎遺稿』山發産業株式会社 1953年9月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 書道
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード