三津駅

伊予鉄道・三津駅
CIMG2568_convert_20110414191100.jpg
明治21年(1888)10月、伊予鉄道、松山-三津間開業。日本最初の軽便鉄道。当初は松原橋に三津駅が置かれることになっていた。井上要(のちに伊予鉄道社長となる)の発案で住吉町東詰(=現在地)に変更となったらしい。[注]

CIMG2615_convert_20110414191224.jpg
駅舎正面入り口には、毎年恒例の三津浜花火大会をモチーフにしたステンドグラス。

[注]-井上要『伊予鉄電思ひ出はなし』の「第一回株主総会の思ひ出」の章に次のようにある。

元と此小鉄道は社名を松山鉄道会社と称し其敷設すべき線路は松山萱町二丁目の裏、則ち今の瓦斯会社附近を起点とし一線直通、三津松原橋、則ち今の女子師範北手海岸を終点として出願し許可せられたものである。従ってそれが則ち総会の議案であるが、私共は最も熱心に其線路の宜しきを得ざるを論難し、起点は松山湊町の西端福正寺前則ち今の本社所在地とし、更らに三津口則ち倉紡工場の西手に廻って道後街道との連絡を計り三津は将来高浜に延長すべく今の三津駅に至ることに変更しなければならぬと主張して多数の共鳴を得た。(中略)さうして都筑温太郎君が松山鉄道では名称が小さい将来は伊予各地に延長する抱負で之を伊予鉄道と改称すべしと主張し、之も亦総会を通過したこと丈(だけ)を覚えて居る。



【参考文献】
井上要『伊予鉄電思ひ出はなし』伊予鉄道電気株式会社社友会 1932年9月
伊予鉄道株式会社『伊予鉄道百年史』 1987年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード