道後温泉本館の「白鷺」

道後温泉の源泉の発見は白鷺によるとの伝承がある。足を痛めた白鷺が岩間から湧き出る湯に浴しているうちに傷が治り、元気よく飛び去った。それを見た里人らはそのところが効験著しい温泉であることを知ったというもの。この伝承により、道後温泉本館の建物には白鷺の意匠が施されている。
CIMG2332_convert_20110411131635.jpg
振鷺閣(しんろかく)頂上の羽をひろげた白鷺。北を向いているのは、本館の建物の北側がもとは正面の入り口であったため。

CIMG2316_convert_20110411131721.jpg

CIMG2262_convert_20110411131820.jpg
本館の周囲の柵には、羽をやすめる白鷺の意匠。柵に施された球形は「湯玉」をデザインしたものであろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード