「十六日桜」

うそのやうな十六日桜咲きにけり 子規(明治29年)


十六日桜」(松山市指定天然記念物)は御幸1丁目の天徳寺境内と桜ケ谷の吉平屋敷跡とにある山桜。旧暦正月16日頃開花するというので、その名がある。この桜の古いものは山越の龍穏寺にあったが、戦災で焼け枯死した。現在、残っている上記2箇所のものは、龍穏寺の「十六日桜」を株分けしたのが元であるという。

この桜には次のような二つの伝説がある。
①山越に桜を愛する翁がいた。この翁が桜の木のもとで、「自分も齢八十、花が咲くのをもう見ることはあるまい」と嘆じていうと、桜の花がたちまち咲いた。それが正月16日であったというもの。「古事因縁集」(元禄2年)、「続十六日桜記」(宇松茂才)等に見える伝説。
②山越に吉平という老人がいた。ある年の正月のはじめ、この吉平が病に臥し、「今年の桜が咲くのを見ずに死ぬのが口惜しい」と家人に告げた。そこで、吉平の息子が桜にぬかづき誠心祈ると、それが通じたのか、一夜のうちに開花、正月16日のことであったというもの。「十六日桜記」(明月)、「西遊記」(橘南谿)、桜谷の「十六日桜碑」(西村清臣撰文)等に見える伝説(「吉平」という名称が出るのは「十六日桜碑」。前の二つの記には人物名の記載はない)。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』には「十六桜」の一段があるが、それは①の伝説を大きく改変したもので、次のような内容となっている(要約して示す)。
伊予和気郡に一人の侍がいた。その侍の屋敷には大切にしている一本の桜の木があり、毎年美しい花を咲かせていた。時は流れて、この男も年老い、子供にも先立たれて、ただもうこの桜の木のみを愛する生活。ところが、ある年の夏、この桜が枯れたので、男は自分が死ぬことで、桜を救おうとして、その木のもとで切腹した。男の魂は木に移り、木は枯死を免れた。男が切腹して果てたのが正月16日であったので、その桜の木は毎年、同じ日に開花するようになった云々。
ここに認められるのは「樹木にも人の命が宿り得る」というテーマ。小泉八雲はこのテーマのもとに、松山地方の「十六日桜」伝説を改変、これを一篇の美しい詩的小品に仕立てあげたのであった[注]。

[注]-八雲「十六桜」の直接の原拠は、「愛媛 淡水生」の手になる「十六日桜」という短文であるらしい。

【参考文献】
井手淳二郎「十六日桜伝説について」(「愛媛国文研究」6号 1957年3月)
景浦直孝『伊予史論考』 1961年2月
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 民俗下』 1984年3月
平川祐弘監修『小泉八雲事典』恒文社 2000年12月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード