「三月節供」

『愛媛県史 民俗下』は本県の「三月節供(節句)」について、次のように記述している。

三月三日、四日はヒナゼックという。桃の花の季節なので桃の節供といったりするがヒナマツリともいう。(中略)四日をヒナアラシと称し、雛に供えた供物やご馳走の重詰弁当を持って山野や海浜に出向き、一日飲食して楽しむ風がある。これをハナミとかナグサミという。「山遊び」「磯遊び」ともいう。(中略)四日をとくにナグサミとかオナグサミという所がある。松山地方や周桑郡などである。また花見という所もある。この日は別に花があってもなくても花見というのである。ナグサミは「慰む」が体言化した語である。
本県の三月節供には雛節供というかつて形代に穢れを移して流した祓いの行事と、山遊びや磯遊びという野外飲食の習俗が習合している点が注目されるのである。昔から「ノラ(怠け者)の節供働き」といわれているように、この日は家にいて仕事をしてはならぬ日、つまり、神祭りの日であったのである。春の農事開始を控えての祭りであったと考えられるが、その古俗を本県の三月節供の民俗は暗示している。


愛媛の三月節供には山磯遊びの習俗がともなうという。五来重(民俗学)『宗教歳時記』によると、徳島の日和佐、対馬・五島地域、九州の西海岸、周防大島、長野の下伊那、岩手の上閉伊などでも、三月節供に山遊び、磯遊びの風があるらしい。子規が『墨汁一滴』などでふれている「おなぐさみ」[注]というのは、もともとこの三月節供にともなう山磯遊びのことであったようである。

[注]-子規は『墨汁一滴』(明治三十四年四月十日条)、『寒山落木』巻五などで、松山地方の「おなぐさみ」について言及している。

余の郷里にては時候が暖かになると「おなぐさみ」といふ事をする。これは郊外に出て遊ぶ事で一家一族近所合壁などの心安き者が互にさそひ合せて少きは三四人多きは二三十人もつれ立ちて行くのである。(以下略) 『墨汁一滴』明治三十四年四月十日条

郷里の風俗におなぐさみといふことあり。春暖のころにもなればささえ重箱など携へて親族友だちさそひ合せ石手川の堤吉敷の土手其他思ひ思ひの処に遊び(以下略) 『寒山落木』巻五・明治二十九年「なぐさみや花はなけれど松葉関」の句の前書



【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第2巻(俳句2)講談社 1975年6月
『子規全集』第11巻(随筆1)講談社 1975年4月
五来重『宗教歳時記』角川選書 1982年4月
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 民俗下』 1984年3月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村





テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード