森鴎外の好物

森鴎外は饅頭をご飯の上にのせ、煎茶をかけて食べるのが好きだった。鴎外の長女・森茉莉、次女・小堀杏奴がそのことをそれぞれ次のように証言している。

私の父親は変った舌を持っていたようで、誰がきいても驚くようなものをおかずにして御飯をたべた。どこかで葬式があると昔はものすごく大きな饅頭が来た。葬式饅頭といっていたもので、ふつうのお饅頭の五倍はある平たい饅頭で、表面は、釣り忍に使うあの、忍草を白く抜いて焦がしてある。(中略)その饅頭を父は象牙色の爪の白い、綺麗な掌で二つに割り、それを又四つ位に割って御飯の上にのせ、煎茶をかけて美味しそうにたべた。 森茉莉「鴎外の味覚」(『記憶の絵』)

又父は、他家から葬式饅頭を貰うとそれを小さく割ってご飯にのせ、煎茶をかけてたべた。私たち子供は喜んで真似をしたが、母は驚いていた。 森茉莉「父の手紙」

甘い物を御飯と一緒に食べるのが好きで、私などどう考えてもそんな事は出来ないが、お饅頭を御飯の上に乗せてお茶をかけて食べたりする。 小堀杏奴『晩年の父』


「饅頭茶漬け」とでも称すべきであろうか、これはとても真似することができない。森茉莉は次のようなことも言っている。

父は変った好みを持っていてよく、餅をこんがり焼いて、細かく千切り、皿の醤油によくなじませたのをご飯の上にのせ、熱い番茶をかけたのを好んだ。それは大変に美味しいものであった。 「父の手紙」


こちらは「醤油風味の餅茶漬け」。お茶については、「饅頭茶漬け」=煎茶、「餅茶漬け」=番茶という使い分けをしていたようである。

s0203r.jpg

【参考文献・典拠文献】
小堀杏奴『晩年の父』岩波文庫 1981年9月
『森茉莉全集3 私の美の世界/記憶の絵』筑摩書房 1993年9月
『森茉莉全集7 ドッキリチャンネル(Ⅱ)』筑摩書房 1993年11月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード