子規・鴎外・漱石-風呂の話

子規は晩年、病のために入浴することができなくなったが、風呂に入るのはもともと好きではなかったことが『墨汁一滴』の記述に見える。

自分は子供の時から湯に入る事が大嫌いだ。熱き湯に入ると体がくたびれてその日は仕事が出来ぬ。一日汗を流して労働した者が労働がすんでから湯に入るのは如何にも愉快さうで草臥(くたびれ)が直るであらうと思はれるがその他の者で毎日のやうに湯に行くのは男にもせよ女にもせよ必ずなまけ者にきまって居る。殊に楊枝をくはへて朝湯に出かけるなどといふのは堕落の極である。東京の銭湯は余り熱いから少しぬるくしたら善からうとも思ふたがいっそ銭湯などは罷めてしまふて皆々冷水摩擦をやったら日本人も少し活溌になるであらう。熱い湯に酔ふて熟柿のやうになって、ああ善い心地だ、などといふて居る内に日本銀行の金貨はどんどんと皆外国へ出て往てしまふ。(『墨汁一滴』明治34年3月6日条)


風呂嫌いであることの宣言から始まって、風呂好きの人を批判、ついには日本経済のことにまで結びつけている。いかにも子規らしい筆はこびであるが、よほどの風呂嫌いでなければここまでは書かないであろう。

風呂嫌いといえばいいのか、とにかく風呂に全く入らなかったのが森鴎外である。鴎外の二女、小堀杏奴の証言―、

父は決して風呂に入らない。これはどういう理由からか私は知らないが、一体がそう入浴好きでなかったのと、戦地での習慣がそうさせたものらしい。(小堀杏奴『晩年の父』)


衛生学が専門であった鴎外が入浴しないというのは不思議であるが、昼間、官僚としての仕事があった鴎外にとって、入浴に費やす時間というのがそもそも惜しかったのであろう。体は拭けば十分と考えていたらしいことが、小説『鶏』に描かれた次のような自画像から窺える。

石田は先づ楊枝を使ふ。漱(うがひ)をする。湯で顔を洗ふ。石鹸は七十銭位の舶来品を使ってゐる。何故そんな贅沢をするかと人が問ふと、石鹸は石鹸でなくてはいけない。贋物を使ふ位なら使はないと云ってゐる。五分刈頭を洗ふ。それから裸になって体ぢゅうを丁寧に揩(ふ)く。同じ金盥で下湯を使ふ。足を洗ふ。人が穢(きたな)いと云ふと、己の体は清潔だと云ってゐる。湯をバケツに棄てる。水をその跡に取って手拭を絞って金盥を揩く。又手拭を絞って掛ける。一日に二度づゝこれ丈(だけ)の事をする。湯屋へは行かない。その代り戦地でも舎営をしてゐる間は、これ丈の事を廃せないのである。(森鴎外『鶏』)



子規や鴎外とちがって、漱石は風呂好き、正確には温泉好きであった。松山在住時代の漱石は、「毎日半里の温泉まで通った(二番町の漱石の下宿から道後温泉までは半里(約2Km)」と、教え子の真鍋嘉一郎は証言している(「夏目先生の追憶」岩波書店『漱石全集』別巻所収)。漱石が温泉好きであったことは、小説『草枕』の次のような記述からも窺える。

寒い。手拭を下げて、湯壺へ下る。(中略)
鉱泉と名のつく以上は、色々な成分を含んで居るのだらうが、色が純透明だから、入り心地がよい。折々は口にさへふくんで見るが別段の味も臭もない。病気にも利くさうだが、聞いて見ぬから、どんな病に利くのか知らぬ。固(もと)より別段の持病もないから、実用上の価値はかつて頭のなかに浮んだ事がない。只這入る度に考へ出すのは、白楽天の温泉水滑洗凝脂(おんせんみづなめらかにしてぎょうしをあらふ)と云ふ句丈(だけ)である。温泉と云ふ名を聞けば必ず此句にあらはれた様な愉快な気持になる。又此気持を出し得ぬ温泉は、温泉として全く価値がないと思ってる。此理想以外に温泉に就ての注文は丸でない。(中略)
余は湯槽(ゆぶね)のふちに仰向の頭を支へて、透き徹る湯のなかの軽き身体を、出来る丈抵抗力なきあたりへ漂はして見た。ふわり、ふわりと魂がくらげの様に浮いて居る。世の中もこんな気になれば楽なものだ。分別の錠前を開けて、執着の栓張をはづす。どうともせよと、湯泉(ゆ)のなかで、湯泉と同化して仕舞ふ。(夏目漱石『草枕』七)


『草枕』のこの温泉は小天温泉(熊本県玉名市)がモデルらしいが、松山在住時代の漱石は道後温泉でも湯と「同化」、身心適悦の至境に浸っていたのであろう。

s0151r.jpg s0201r.jpg s0198r.jpg
正岡子規(左)・森鴎外(中央)・夏目漱石(右)

【典拠文献】
『子規全集』第11巻(随筆1)講談社 1975年4月
『鴎外選集』第1巻 岩波書店 1978年11月
小堀杏奴『晩年の父』岩波文庫 1981年9月
『漱石全集』第3巻 岩波書店 1994年2月
『漱石全集』別巻 岩波書店 1996年2月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード