子規と菓子パン

パン売の太鼓も鳴らず日の永き


子規、明治34年(1901)春の句。前書には「筋の痛を怺えて臥し居れば昼静かなる根岸の日の永き」とある。当時は「パン売」なる行商が太鼓を叩きながら、パンを売って歩いていたことが句から窺える。根岸を行商するパン売りから買っていたのであろうか、晩年の子規はよく菓子パンを食べていた。『仰臥漫録』(子規最晩年の身辺日録)の食事記録からひろいあげてみると、「二時過牛乳一合コヽア交テ煎餅菓子パン十個許(ばかり)」(明治34年9月2日)、「朝 雑炊三椀 佃煮 梅干 牛乳一合コヽア入 菓子パン二個」(同4日)、「間食 梨一ツ 紅茶一杯 菓子パン数個」(同5日)、「間食 菓子パン十個許 塩センベイ三枚 茶一杯」(同7日)、「間食 牛乳五勺ココア入 菓子パン数個」(同8日)等とあって、連日のようにかなりの量の菓子パンを食べている。9月8日の記事では、彩色で四個のパンが描かれており、「黒キハ紫蘇」「乾イテモロシ」「アン入」「柔カ也」と解説、「菓子パン数個トアルトキハ多ク此数種ノパンヲ一ツ宛クフ也」と書き添えられている。同12日の朝には「ネジパン形菓子パン一ツ(一ツ一銭)」というよくわからない名の菓子パンを食べている。18日にもこの名のパンを食べているが、どうもうまくなかったようで、「ネジパン形菓子パン半分程食フ 堅クテウマカラズ 因(よっ)テヤケ糞ニナッテ羊羹菓子パン塩煎餅ナドクヒ渋茶ヲ呑ム アト苦シ」と記している。うまくなかったので、やけくそになってあれこれ食べる。あとで苦しくなることは、子規自身よくわかっているはずなのにそれでも食べる。食に対する子規の執着はかくも凄まじい。


[松山には、いろは屋謹製「子規の愛した菓子パン」というのがある。天野祐吉ブログ(http://amano.blog.so-net.ne.jp/2009-11-16)にこのパンについての言及がある。]

【典拠文献】
『子規全集』第3巻(俳句3)講談社 1977年11月
『子規全集』第11巻(随筆1)講談社 1975年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード