子規、京都柊家旅館での紅葉打ち

明治25年(1892)11月14日、当時、京都で学生生活をおくっていた高浜虚子は、当地来訪中の正岡子規の宿泊先「柊家旅館」を訪ねた。虚子の『子規居士と余』にこのときのことが次のように書かれている。

その翌々日余は居士(子規)を柊屋(柊家)に訪ねた。女中に案内されて廊下を通っていると一人の貴公子は庭石の上にハンケチを置いてその上をまた小さい石で叩いていた。美しい一人の女中は柱に手を掛けてそれを見ながら何とか言っていた。その貴公子らしく見えたのは子規居士であった。
「何をしておいでるのぞ。」と余は立ちどまって聞くと、「昨日高尾へ行って取って帰った紅葉をハンケチに映しているのよ。」と言って居士はまだコツコツと叩いた。柱に凭れている女中は婉転たる京都弁で何とか言っては笑った。居士も笑った。余はぼんやりとその光景を見ていた。たしかこの日であったと思う。二人が連立って嵐山の紅葉を見に行ったのは。  (高浜虚子『子規居士と余』四)


柊家旅館で紅葉打ちをする子規。その光景は虚子にとってよほど印象深いものだったらしく、小説『俳諧師』でも藤野古白がモデルの「篠田水月」のことに置き換えられて、次のように描きだされている。

翌朝水月は柊屋に移った。(中略)六日目の日曜日の朝行って見ると、水月は自分の部屋の下の庭に蹲んで何事をかして居る。見ると白い新らしいハンケチを平べったい庭石の上に置いて其上を小さい石ころで叩いてゐるのである。「水月君何をして居るのです」と三蔵が聞くと、水月は眼鏡越しに三蔵を見上げて「昨日思ひ立って高尾へ出掛けたです。もう大方枯葉に近くなってゐた中に一二本遅く紅葉してゐたのがあって其葉を取って帰って今日ハンケチに叩いてゐるところです。一寸失礼します」といって又コツコツと叩く。三蔵は暫くボンヤリと廊下に立ってそれを見下ろしてゐる。 (高浜虚子『俳諧師』三十七)


柊家での紅葉打ちのことは子規自身も随筆の中でふれている。

槙尾栂尾も見て旅籠屋に帰り庭前に下り立ち砧と槌を借りて高尾の楓の葉を自らハンケチに打ちこみなどす。中にも濃き葉を選(え)りたれどいと善うは写らぬを、ふと思ひつきて半ば青き葉を取りて試るに青き色もあざやかに写りて殊にめでたく見ゆるに手の労(つか)るるをも知らで幾枚となく打ち敲きつ余念なきほど、廊下よりわれを驚かす者あり。槌を止めて見あぐれば虚子なり。(中略)
手拭に紅葉打ち出す砧(きぬた)かな    (正岡子規『松蘿玉液』)


子規が紅葉を叩きうつしたハンカチはのちのちまで妹律が持っていた(「翌夕方京都へ往って柊屋(柊家)に泊りました。しばらく兄の姿が見えない、と思うてゐましたら、紅葉をハンケチに叩きつけたのを持って来ました。其一つは今に残ってゐます」正岡律「家庭より観たる子規」)。紅葉打ちをする子規の姿は、ドラマ《坂の上の雲》第4回放送でも、根岸の子規庵庭先でのこととして描き出されていた。

【典拠文献・参考文献】
高浜虚子『俳諧師・続俳諧師』岩波文庫 1952年8月
『子規全集』第11巻(随筆1)講談社 1975年4月
『子規全集』別巻3(回想の子規2 附補遺)講談社 1978年3月
高浜虚子『回想 子規・漱石』岩波文庫 2002年8月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード