水野広徳の歌

日米非戦、平和主義を唱えた海軍大佐、水野広徳(1875-1945 三津浜出身)が詠んだ歌。

時局偶詠
米もなく炭も亦なく餓へ凍ゆ之をしも是れ聖戦とやいふ
国民を餓へ凍らしておとど等は夜々の宴に舌鼓打つ
薬まで軍の用とて徴発し不自由知らぬは軍人ばかり
民の口縛つて物を言はしめず我が世と意張る官僚軍閥
口にこそ言はねど民は悪(にく)むかな非常時局に上厚下薄
騒がしき国民精神総動員破れ太鼓に民は踊らず

まつり事からくり聞けば腹立たし民はいつ迄無知にはあらず
国のため能くぞ死んだは世の手前胸に沸き立つ涙を手向け
正しくば千万人も恐れずと思ひし頃は我れ若かりき
定めなき昨是今非の人の世は知己を待たなん百年の後
斯かる世は惜しみなけれど今更に首も吊られず腹も切られず
人生は何が何やら夢うつゝ唯恋のみぞ楽しかりける

甲は曰ふ
軍閥のあまりの暴慢見る時は戦へよ而して敗れよとさへ思ふ
乙は曰ふ
軍閥の暴慢如何に烈しきも国敗れよと我は思はじ
僕は曰ふ
甲と乙是非は言はねど軍閥の驕れる国は必ず破る

時感
戦へば必ず勝つと己惚(うぬぼ)れていくさを好む軍(いくさ)びとあり
真相(わけ)知らぬ民をおだてゝ戦ひの淵に追ひ込む野心家もあり
我が力かへり見もせでひたすらに強き言葉を民はよろこぶ
戦へば必ず四面楚歌の声三千年の歴史あはれ亡びん
戦にて敗れし後の泣面を我は見にけり独逸(ドイツ)の民に
侵略の夢を追ひつゝ敗独の轍踏まんとす民あはれなり
力もて取りたるものは力もて取らるゝものと知るや知らずや

国守る勤め忘れて軍人が政治を弄し国ついに敗る
ふりつもる雪に小笹は撓むともなほ起き上がる力を見よや
はりつむる氷の底にも魚はすむやがて解け行く春を待ちつつ
世にこびず人におもねらず我はわが正しと思ふ道を進まん


軍部に対する強烈な批判。軍の内部にいた人だけにその舌鋒は鋭い。慨(うれた)みの声とでもいうべきであろうか、ここには歌としての巧拙を超えたものがあるように思われる。

【典拠文献・参考文献】
『水野広徳著作集』第7巻(評論Ⅳ 日記・書簡)雄山閣出版 1995年7月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード