子規・真之、学生時代のエピソード

明治19年(1886)4~6月頃、正岡子規と秋山真之(当時ともに学生)は下宿先を同じくしていたことがある。子規の親友であった柳原極堂はその頃のエピソードとして次のようなことを伝えている。

不図子規の机の据ゑられし側の壁を見ると、机によったまゝ眠り倒れてゐるらしい人の影を鉛筆で輪郭を取ったと思はるゝものが描かれてゐるので、あれは何かねと訊くと秋山が「正岡の寝像だ、僕が昨夜輪郭を取って置いたのだ、正岡が如何に強情で斯うして置けばグウの音も出ないだらうと思って遣って置いたのだ」と言ふ。それは又如何なる訳かと問へば、昨晩寄席から帰ると今夜は徹夜で勉強しようと二人が相談し、若し落伍して先きに眠った者は翌日其罰として何か奢ることを約束せしに、正岡は終に机上に眠り伏してしまったから、約束履行を迫る時の証拠に影の輪郭を取って置いたのだと秋山は説明して呵々大笑した。秋山は当時宵の内は友人等と盛んに遊び、他の寝静まる頃から夜を徹して勉強する習慣あり、其の旺盛なる精力は実に驚くべく、負けじ魂の子規は之に対抗せんと種々努めしが、到底追随を許さなかったと云ふことである。(柳原極堂『友人子規』)


子規、真之らが盛んに寄席通いをしていたのは明治19年のちょうどこの頃である[注]。上の一件の後日、柳原極堂が子規の下宿を訪ねると、真之の姿はそこになかった。

其の後予は子規を訪ひしに其の時秋山は已に去ってゐなかった。毎年大学予備門に入る者が斯う多数では終に学士の氾濫を見るに至るであらうと言って秋山は海軍兵学校に転じたのだと子規は言ってゐたが、或者は之を否定し、秋山は学資がつゞかずして官費の兵学校に転じたのだと言ってゐた。秋山が子規と同宿せしは僅に二三ケ月に過ぎなかったであらう。(同上)


秋山真之は海軍兵学校への入学を決意し、子規のもとを去った。入学に先立ち一旦帰省することになった真之に、子規が贈った歌というのが「海神(わたつみ)も恐るる君が船路には灘の波風しづかなるらん」「いくさをもいとはぬ君が船路には風ふかばふけ波たゝばたて」の二首である。


[注]-柳原極堂は子規、真之らの寄席通いについて次のように伝えている。

当時清水(注-清水則遠)も秋山も我々も子規の宿に落ち合って、其日銭のある者が会計の賄方となって能く寄席に遊んだものだ。白梅亭、立花亭の外に小川亭といふがあり、時には本郷の若竹亭まで少々遠くはあるが出かけて行くこともあった。演芸は落語、物まねなどの可笑しきもの講談、女義太夫などの真面目なものを初めとして音曲、娘手踊などの賑やかなものもあったが、芸名を都(みやこ)といふ十七八の娘の手踊は殊に学生等の人気を呼んでゐた。木戸銭は四銭であったか、五銭であったか、イラッシャイの声で景気よく迎へられ、下足札を取って見物席に進めば少女が座蒲団を持って案内をすると云ふ光景は、今は已にすたれて無きことなるべし。秋山等は随分思ひきって騒いでゐた。気に喰はぬ芸人が高座に出ると、ダメダメ引き込め引き込めなどと大きな声で呼び立てるのみか、下足札をカチカチ叩いて妨害是れつとめ、子規等も其の尻馬に乗って加勢するものだから、大抵の芸人は苦もなく叩き卸されてしまってゐた。(『友人子規』)



【典拠文献・参考文献】
柳原極堂『友人子規』前田出版社 1943年2月
『子規全集』第22巻(年譜 資料)講談社 1978年10月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード