FC2ブログ

子規、明治32年の年賀状

正岡子規、明治32年(1899)の年賀状。

新年めでたく候
皆様めでたく候
私もめでたく候
 明治三十二年一月
   東京下谷区上根岸町八十二番地
              正岡常規

年こゝに新たなる梅の蕾かな
赤門の橙ちさきかざり哉
御所の門門松も無き尊さよ
門番に餅をたまふや松の内
裾を引く妻の立居や三ケ日
裏門の輪飾り人に取られけり
めでたさも一茶位や雑煮餅
病牀に蜜柑剥くなり屠蘇の酔


子規は上記文面を葉書に印刷して、同年の年賀状とし、佐々木信綱、高浜虚子、河東碧梧桐らに送っている。碧梧桐宛の年賀状には自筆で、「御病気イカヾ ワヅカノ事ト存ジ御見舞モ不申候処存外長ビキ候 イカヾヤ」と添えており、彼の病を気遣っている。

【典拠文献】
『子規全集』第19巻(書簡2)講談社 1978年1月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 雑記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード