神奈川砲台(台場)

幕末-安政4年(1857)4月28日、松山藩は幕府より神奈川付近(現在の横浜市神奈川区)の沿岸警備を命じられた。藩はこの任務を全うするため、神奈川沖に砲台(台場)を築造することを発案、幕府の許可を得て、同6年7月12日、神奈川村の新猟師町に砲台築造の工事を開始した。設計・技術指導をしたのは勝麟太郎(海舟)。藩には過分の巨額な費用を投じて、万延元年(1860)6月、沖に突き出た扇形の台場(約8000坪)が完成した。完成した台場は巨大な石垣の上に3m以上の土居をめぐらし、14門の大砲を設置。大砲は肥前藩が鋳造したものや、松山藩で独自に鋳造したものなどを置いたという。

旧松山藩士、内藤素行(鳴雪)の「神奈川砲台の始末」(講演記録)の一部、および『鳴雪自叙伝』中の関連箇所を下に引いておこう。

安政四年四月に神奈川宿一円を松山藩に警衛を命ぜられたのであります。(中略)其頃の藩主は松平隠岐守勝善と申して、それは鹿児島藩から養子に参った人で、此人はひどく海防の事に熱心で此警衛も内実は幕府に願出て之を引受けた様な事になって居ります。(中略)幕府の直轄として御殿山の土を取て砲台を築いて居りますが、聞く処によればあの砲台は砲台としての構造が未だ不十分であったらしい。そこで世間の批評にも上って居りますから、松山藩では折角拵へるなら今少し十分役に立つ砲台を設けたいといふので段々評議をしましたが、迚(とて)も藩内には是等の智識を持て居る者が無い。そこで、幕府の講武所の砲術師範役を勤めて居る勝麟太郎氏に托して、是は幕府の人でありますから一応伺の上幕府の許可を得まして、愈々此人に托して砲台を造ることに着手しました。(中略)此代金(注-総工費を指す)が六万七百二十七両一分と銀二匁一分二厘であります。此土工を起した人夫の中に彼の有名なる木戸準一郎(孝允)氏が窃に加って居たと云ふ事を私の藩で伝へて居ります。(中略)愈々幕府から見分がありましたのが万延元年九月八日でありました。当時の若年寄酒井右京亮外国奉行堀織部正外ニ役人が三十人も参りました。此見分に就ては上首尾で、非常に賞讃を受けて藩の役人一同面目を施した事であります。 内藤素行「神奈川砲台の始末」(明治44年10月14日講演記録)

この神奈川の砲台について少しお話をすると、これは万延元年に前年からの工事が落成したもので、かの有名な勝安房守が未だ麟太郎といっていた頃にそれへ頼んで設計してもらったものである。それでこの砲台は当時比較的新らしい形式に依ていて、幕府が築いた品川沖の台場よりもこの方が実用に適っているといって、わが藩の者は自慢していた。それだけになかなか費用がかかって、八万両も支出したのであった。当時の八万両は、十五万石の松山藩に取っては巨額のもので、遂にその影響が、士族の禄も『五分渡り』あるいは『人数扶持』ということにもなった。それと同時に『出米』といって百姓にも租税以外の米を出させるし、また町人は『出銀』といって金を出させた。 『鳴雪自叙伝』


平凡社刊『神奈川県の地名』によると、現在の横浜市神奈川区の海岸線を構成する町はほとんどが埋立地で、その最初のものが松山藩築造の神奈川台場、この台場跡は現在の同区神奈川1、2丁目に当たるという。

【典拠文献・参考文献】
鈴木棠三・鈴木良一監修『日本歴史地名大系14 神奈川県の地名』平凡社 1984年2月
松山市史編集委員会編『松山市史』第2巻 1993年4月
高須賀康生「史料紹介 内藤素行談〈松山藩の神奈川砲台築造始末〉」伊予史談301号 1996年4月
内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』岩波文庫 2002年7月
「神奈川台場」(「神奈川新聞」2007年6月7日)

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村




テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード