子規、初めての東京

子規が初めて上京したのは、数え年で17歳の時。郷党で「海南は英雄の留まる処に非ず、早くこの地を去りて東京に向ふべし」(「諸君将ニ忘年会ヲ開カントス」)と論じていた子規にとって、東京はかねてからの憧れの地であった。在京の叔父、加藤恒忠(拓川)の許しが出て、上京した初日、銀座裏を通った子規は憧れの東京が「こんなにきたなきところ」であったかと驚いている。

去年六月十四日余ははじめて東京新橋停車場につきぬ。人力にて日本橋区浜町久松邸まで行くに銀座の裏を通りしかば、東京はこんなにきたなき処かと思へり。『筆まかせ』第一編明治十七年の部「東京へ初旅」


上京の初日、子規が銀座裏のきたなさに驚いたことは、『坂の上の雲』(「真之」の章)でも触れられている。

鉄道は横浜から東京までしかない。子規はそれを利用し、六月十四日新橋停車場についた。
「着けばすぐ旧藩主邸にあいさつにあがるように」
と、叔父の加藤恒忠から注意されていたから、停車場から人力車に乗り、日本橋区浜町の久松邸にむかった。途中銀座裏を通過したのは朝の八時ごろだったが、そのきたなさにあきれ、
「東京はこんなにきたなき所かと思えり」
と、国もとの友人に書き送っている。明治十六年の銀座裏は、東京のなかでももっともきたない場所のひとつだった。


『坂の上の雲』には「国もとの友人に書き送っている」とあるが、上に示したように、「東京はこんなに~」は「東京へ初旅」と題する子規のエッセーに出るものである。

同エッセーにはまた鉄道馬車の鉄軌(今でいえば路面電車のレール)を横断してよいものかどうか迷ったという上京初日の次のようなエピソードも記載されている。

時にまだ朝の九時前なりき。それより川にそふて行けば小伝馬町通りに出づ。こゝに鉄道馬車の鉄軌しきありけるに余は何とも分らず、これをまたいでもよき者やらどうやら分らねば躊躇しうる内、傍を見ればある人の横ぎりゐければこはごはと之を横ぎりたりき。


文明開化の時代ならではのエピソードである。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第9巻(初期文集)講談社 1977年9月
『子規全集』第10巻(初期随筆)講談社 1975年5月
司馬遼太郎『坂の上の雲(一)』文春文庫(新装版) 1999年1月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード