秋山好古、子供時代のエピソード

『坂の上の雲』冒頭の「春や昔」の章で作者は、秋山好古の子供時代に次のようなエピソードがあったと記している。

すでに四人の子がある。この養育だけでも大変であるのに、この「土州進駐」の明治元年(慶応四年)三月にまた男児(注-秋山真之)がうまれた。
「いっそ、おろしてしまうか」
と、その懐妊中、当主の平五郎が妻お貞にいった。町家や百姓家では、間引という習慣がある。産婆にさえたのんでおけば、産湯をつかわせているときに溺死させてしまうのである。が、武士の家庭ではそういう習慣がなく、さすがに実行しかねた。結局はうまれたが、その始末として、
「いっそ寺へやってしまおう」
ということになった。
それを、十歳になる信さん(注-秋山好古)がきいていて、「あのな、そら、いけんぞな」と、両親の前にやってきた。由来、伊予ことばというのは日本でもっとも悠長なことばであるとされている。
「あのな、お父さん。赤ン坊をお寺へやってはいやぞな。おっつけウチが勉強してな、お豆腐ほどお金をこしらえてあげるぞな」
ウチというのは上方(かみがた)では女児が自分をいうときに使うのだが、松山へいくと武家の子でもウチであるらしい。
「お豆腐ほどのお金」
というたとえも、いかにも悠長な松山らしい。藩札を積みかさねて豆腐ほどのあつさにしたいと、松山のおとなどもはいう。それを信さんは耳にいれていたらしい。


この話は秋山好古伝記刊行会(代表者桜井真清)発行の『秋山好古』に依拠して書かれたものである。司馬遼太郎はこの話を事実あったこととして書いているが、もとの『秋山好古』では「真偽は判らぬが」の但し書き付きで、この話を記している(下記)。

淳五郎の誕生に就ては真偽は判らぬが、次のやうな話が伝へられてゐる。
淳五郎の生れる前、久敬夫妻の間には既に長男鹿太郎以下四人の男子を儲けて最早や子供には飽満したのと、一には家政の事情もあったものか、夫人が次に妊娠した時には夫婦の間に戯談半分に「もう子供は要らん、一そ堕して了ふか」などの話もあった。併しいかに堕胎、間引の公認された時代とは云へ、武士の家庭として、まさかそれを実行することも出来ず、せめては「女の子であれば」と思ふ中、生れたのが夫婦の希望を裏切って玉のやうな男の子であった。
そこで久敬氏夫婦の間には、淳五郎を何処かの寺へでも遣るといふやうな話が交はされた。当時十歳あまりであった三男の信三郎が之を聞いて、
「お父さん、赤ん坊をお寺へやっちゃ厭ぞな。追っ付けうちが勉強してな、お豆腐ほどお金を拵へてあげるがな」
と言って、両親をしんみりさせたといふことである。お豆腐ほどと言ったのは、松山地方の豆腐が、恰も紙幣を積み重ねたやうな形をしてゐるので土地の人達が、「豆腐角ほど札を積んで見たい」などゝ言ったのを、子供心に聞き覚えてゐたのであらう。信三郎は此の頃から既に兄弟に対する愛情が深かったものと思はれる。


『秋山好古』の原本は昭和11年(1936)11月、「秋山好古大将伝記刊行会 代表者桜井真清」の名で発行されたが、実際に執筆したのは水野広徳(三津出身)とその友人の松下芳男であったという。『坂の上の雲』の秋山好古に関するエピソードは大部分が同書にもとづくものであるらしい。

s0048r.jpg

【典拠文献・参考文献】
司馬遼太郎『坂の上の雲(一)』文春文庫(新装版) 1999年1月
川原崎剛雄『司馬遼太郎と網野善彦 「この国のかたち」を求めて』明石書店 2008年1月
秋山好古大将伝記刊行会『秋山好古』(復刻版)マツノ書店 2009年4月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード