子規「菎蒻(こんにゃく)に~」の句

菎蒻につゝじの名あれ太山寺


子規、明治25年(1882)春の句。太山寺の参道にその句碑があるが、句の意味するところはいささかわかりにくい。和田茂樹の「子規俳句選評」には「太山寺は菎蒻とつつじが有名であった」とあり、高浜虚子の『子規句解』には「其の三津の近傍に太山寺といふ山があって、そこには太山寺といふ寺がある。菎蒻が其処の名物であってそれを太山寺菎蒻といって、松山あたりの人々は特に賞玩して居た。そのまた太山寺には躑躅の花が見事であった。そこで菎蒻には太山寺菎蒻といふ名前があるが、又つゝじ菎蒻といふ名前があってもいゝではないか、と戯れて言ったものであらう。私の子供の時分には太山寺菎蒻といふのは名物であったが、今は果してどうであらうか」とある。句意は虚子のいうようなものなのであろう。

いささかわかりにくい子規の「菎蒻」の句。話は飛躍するが、こんにゃく(菎蒻・蒟蒻)という加工食品がいつどこでつくりだされたのかということもよくわかっていないらしい。司馬遼太郎は妙な人で、このこんにゃくの起源というものにこだわった。『街道をゆく 中国・蜀と雲南のみち』の中で司馬は次のように言っている。

コンニャクというのは、日本の奇妙な食品のひとつである。
成分のほとんどが水で、禅問答のような食品である。何の栄養もなく、それ自体がもつ味もない。だからこそ日本人の食の感覚に適しているのかどうかとなるとむずかしいが、ともかくみそ田楽にせよ煮込みおでんにせよ、また正月の煮しめでも、駅弁の幕の内でも、さらにはすき焼きにおいても、コンニャクはつねに脇役ながら、味覚の諧調をつくるのに役立っている。
またこれを紙のように薄切りにする。ふぐの刺身に似せ、桜の花びらのように大皿に貼りつけて出されると、半透明の色合いもよく、味もなまなかなふぐの刺身よりうまいような気がしてくる。ただしいくら食っても身の養いにはならず、栄養学的には咀嚼・嚥下のむだというものだが、そのむだに味をつけてよろこぶあたりに、日本人の暮らしの底のなにごとかと結びつくものがあるかと思える。(中略)
こんどの中国ゆきでは、江南地方でしきりに、コンニャクを食べますか、ときいて「蒟蒻」という字を書いて示したが、たれもかぶりをふり、こういう字も知らない、ということだった。


かくして司馬はこんにゃくについて探査する。司馬のたどりついた結論は以下のようなものだった。

コンニャク芋は主として山地の少数民族の居住区に自生し、古来、少数民族はそれを食べてきたのではないかという推測も、ほぼ大きなあやまりではないというところまでわかった。
ところが、雲南省が自生および栽培の本場だった。(中略)
要するに食物としてのコンニャクは雲南省が原生地らしく、それを食べることも栽培することもここのひとびとがはじめ、それが四川省や日本にさまざまのかたちで伝播したもののようにおもわれる。


この結論の当否についてはそれを判断する材料を持ち合わせていない。

【典拠文献・参考文献】
高浜虚子『子規句解』(市民双書21)松山市教育委員会文化教育課 1979年3月
和田茂樹『人間正岡子規』関奉仕財団 1998年6月
『司馬遼太郎全集』第58巻 文藝春秋 1999年5月
司馬遼太郎『ワイド版 街道をゆく20 中国・蜀と雲南のみち』朝日新聞社 2005年8月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村




テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード