正岡律(子規の妹)と秋山真之

子規の妹、律は秋山真之に好意を寄せていたのではないか-真之の姪、土居健子(秋山好古の二女)はそう推測し、次のように述べている。

お律さんのそばにおりまして、ひょっとしたらお律さんは叔父真之のことを好きだったのではないのかしらん、と思ったことがございます。私の感じといいますか、想像に過ぎないのですが、叔父は美男子でした。尊敬するお兄さまの親友ですから、あるいは結ばれることを夢みておられたかもしれませんね。でも、あんな秀才と結婚したら大変ですよ。(1974年夏談)


司馬遼太郎はこの推測には否定的で、「健子さんにしてはやや唐突な話し方だし、私はそうとは思えない。ともかくも想像力に富んだ女学校初年級の少女の印象がこうであったということであろう。想像するに、当時の律にすれば、子規没後の根岸の家に訪ねてきた少女が、亡兄の親友の姪であったために、いつになく華やぎ、真之の若いころの印象などを語り、つい健子さんの少女の感受性にそういう想像をさせてしまったのであろう」(『ひとびとの跫音』)と述べている。

【典拠文献・参考文献】
土居健子(談)「叔父秋山真之と子規のご家族」(『子規全集』第17巻「月報11」講談社 1976年2月)
司馬遼太郎『ひとびとの跫音』(新装改版)中央公論新社 2009年8月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

以下は正岡律に関する過去のブログ記事

「正岡律の夫」→http://yomodado.blog46.fc2.com/blog-entry-460.html

「その後の正岡律」→http://yomodado.blog46.fc2.com/blog-entry-462.html

「土居健子「叔父秋山真之と子規のご家族」」→http://yomodado.blog46.fc2.com/blog-entry-469.html

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード