粽(ちまき)

5月5日の端午の節句に粽を食べるのは、中国から伝わった習俗で、楚の詩人屈原の故事に由来するものだという。世を憂い汨羅(べきら)の淵に身を投じて自らの命を断った屈原。その忌日が5月5日にあたるところから、楚の人々は毎年同日に、竹筒に米を詰めて汨羅の淵に投じ屈原の霊を慰めていた。あるとき屈原の霊が現れて、「淵に棲む蛟竜が毎年厚意の品を盗み食らってしまう。楝の葉で包み、五色の糸で巻けば、蛟竜も憚って食べないであろう」という。以後、楚の人々は屈原の霊の言う通りにした。その遺風を伝えるのが端午の節句に食べる粽であるという。日本では927年完成の『延喜式』や934年頃成立の『和名類聚鈔』に粽の名が出るから、かなり古い時代より作られていたことがうかがえる。

子規の門人、伊藤左千夫(千葉県生 1864-1913)の『浜菊』(明治41年〈1908〉発表)という短編小説に粽についての言及があるので引用しておこう。

粽という名からして僕は好きなのだ。食って美味いと云うより、見たばかりでもう何となくなつかしい。第一言い伝えの話が非常に詩的だし、季節はすがすがしい若葉の時だし、拵えようと云い、見た風と云い、素朴の人の心其のままじゃないか。淡泊な味に湯だった笹の葉を嗅ぐ心持は何とも云えない愉快だ。(中略)野趣というがえいか、仙味とでも云うか。何んだかこう世俗を離れて極めて自然な感じがするじゃないか。菖蒲湯に這入って粽を食った時は、僕はいつでも此日本と云う国が嬉しくて堪らなくなるな。


明治の小説らしい不器用といってもいいような表現であるが、左千夫にとって、粽は世俗を離れた仙界の風趣を呼び起こすものであったらしい。粽の句を一句あげておこう。石田波郷(1913-1969)の句、

粽解く斯く虔しく生き継がむ


波郷は松山(西垣生町)の出身、粽は夏の季語である。

【典拠文献・参考文献】
『古事類苑 天部・歳時部』(「続斉諧記」)吉川弘文館 1976年10月
伊藤左千夫『野菊の墓』新潮文庫(改版) 1985年6月
『日本大百科全書』第15巻(沢史生執筆「粽」の項) 小学館 1987年5月
『国史大辞典』第9巻(高山直子執筆「粽」の項) 吉川弘文館 1988年9月
「新版・俳句歳時記」編集委員会編『新版・俳句歳時記〈第二版〉』雄山閣 2003年4月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村




テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード