子規-三津浜の歌

正岡子規、三津浜の歌。

  明治乙酉の年七月廿八日厳島に謁でんと友達を誘ひ朝とく三津の浜にいたり舟待し侍るに
いる船をまちこそくらせうしほやくあまの烟もそれと見るまで
  十一時徳山丸てふ蒸気船にのりこみて船出す
風もなくたちくる波もなつの日に三津の浜辺を船出する哉


詞書にある「明治乙酉」は明治18年(1885)、子規数え年19歳。同年7月28日、子規は三並良・藤野古白・歌原蒼苔とともに三津浜港から蒸気船徳山丸に乗船して、安芸の宮島(厳島)に赴いた。上記、三津浜での船待ちの歌、船出の歌につづいて、「ごゞ島をはなれもやらぬ波の上にはやみまほしき厳しま哉」の歌、「これより舟はますますあゆみをはやめ大海原にのり出したれば」の詞書の「眉のごと見えにし山もつかの間に手にとるばかりなりにける哉」の歌など、同年の宮島行きに関しては計10首の歌が詠まれている。

  八月廿九日再び東京へ赴かんとて三津を船出すこの夜月殊にあかゝりける
島山はさやかに見えて船の上は烟にくもる月の影かな


明治18年8月29日、三津浜港を出航して東京に赴くときの歌。このときは秋山真之、梅本修吉が同行したと推定されている。

舟つなぐ三津のみなとの夕されば苫の上近く飛ぶ千鳥かも


明治28年(1895)冬の歌(数え年29歳)。「夕されば」は夕暮れが訪れてくると、の意。「苫(とま)」は船の上部の覆い。「かも」は詠嘆の助詞「~であることよ」。三津の梅田郵便局前にこの歌の碑がある。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第6巻(短歌 歌会稿)講談社 1977年5月
『子規全集』第22巻(年譜 資料)講談社 1978年10月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード