明治末葉、三津厳島神社前発の乗合馬車

明治の末頃、宮前町(現・神田町)の厳島神社前からは乗合馬車が出ていた。『三津浜誌稿』(1960年発行)の「宮前町 乗合馬車」の項は次のように記述している。

明治晩年頃、宮前町厳島神社前から、松山間を馬車が走っていた。これは高浜港の開港(明治三十九年)を怒って、井上要氏と関係ある伊予鉄道には乗るなと云う事から、三津浜町民の要望に応え、宮前町に住む町会議員であった、白石作太郎氏等が経営したものではないかと思われる。
したがって三津浜の人々は此の乗合馬車にゆられ、馬車はラッパを吹きながら田舎道をつっ走り、坊ちゃん列車と競争していたという。その斗志はうかゞわれるがなぜか、ユーモアを感ぜさせられるひとこまは、漱石の坊ちゃんのせいばかりではなかろう。世代の変遷にすねた三津浜人の気性と、何事にもよく一致団結した昔日の町民の面影であった。抗すべき筈がなかろうとも、その意気は天を衝く勢があり、後明治四十三年[注1]松山電気軌道会社が出来るまで競争していたという。
乗合馬車と共に人力車も宮前にたむろし、馬車は松山まで五銭、人力車三銭五厘であった。


明治39年(1906)9月、高浜港が開港、これにより三津浜港の貨客はにわかに減少して、町に衰退の兆しがあらわれるようになる。高浜港の開港には伊予鉄道社長井上要が深く関与していたことから、三津浜町では町民による伊予鉄道乗車拒否運動が起こり、上引にあるように町議白石作太郎らが厳島神社前-松山間の馬車経営をするに至った。この乗合馬車は明治39年11月から数年間、運行された。上引に言及のある松山電気軌道会社とは、三津浜町の有志らが伊予鉄道を打倒するために設立したもので、明治44年(1911)9月、一部区間で運行が開始、翌年三津江ノ口-道後間全線が開通して、伊予鉄道と10年にわたる激しい乗客争奪戦を繰り広げることになる。『三津浜誌稿』には、「三津浜とは常になじめなかった伊予電鉄[注2]との皮肉な運命」(「梅田町 三津浜海水浴場」の項)という記述も見られるが、もうそれは遠い過去の話である。

[注1]-『三津浜誌稿』には「明治四十三年」とあるが、松山電気軌道会社の営業開始は明治44年9月1日。伊予鉄道の三津-松山間開業は明治21年(1888)10月28日(日本最初の軽便鉄道)。
[注2]-大正5年(1916)、「伊予鉄道会社」は「伊予鉄道電気」(伊予鉄電)と改称した。『三津浜誌稿』(同書は謄写版印刷)は「伊予鉄電」を「伊予電鉄」と誤記したのであろう。

【参考文献】
井上要『伊予鉄電思ひ出はなし』伊予鉄電社友会 1932年9月
三津浜郷土史研究会編『三津浜誌稿』1960年12月
愛媛県史編纂委員会『愛媛県史 地誌Ⅰ(総論)』 1983年3月
池田善昭「松山市三津浜の港町としての盛衰について」(「歴史地理学」122号 1983年11月)
『伊予鉄道百年史』伊予鉄道株式会社 1987年4月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード