「おなぐさみ」

故郷松山では時候が暖かになると「おなぐさみ」ということをすると正岡子規は述べている。「おなぐさみ」は親族友人誘い合わせておこなう春の遠足のようなもので、弁当をもって郊外の川辺に行き、つくし摘みなどをして遊ぶ。ただそれだけのことであるが、子規の時代には松山の人々のこの上ない楽しみであった。子規は次のように言っている。

郷里の風俗におなぐさみといふことあり。春暖のころにもなればささえ重箱など携へて親族友だちさそひ合せ石手川の堤吉敷の土手其他思ひ思ひの処に遊び女子供は鬼事摘草に興を尽し老いたるは酒のみながら鬼事にかけまはる女子供をみてうちゑむめり。
  なぐさみや花はなけれど松葉関  『寒山落木』巻五(明治二十九年)

余の郷里にては時候が暖かになると「おなぐさみ」といふ事をする。これは郊外に出て遊ぶ事で一家一族近所合壁などの心安き者が互にさそひ合せて少きは三四人多きは二三十人もつれ立ちて行くのである。それには先づ各自各家に弁当か又は其他の食物を用意し午刻頃より定めの場所に行きて陣取る。其場所は多く川辺の芝生にする。(中略)こゝを本陣として置いて食時ならば皆こゝに集って食ふ、それには皆弁当を開いてどれでも食ふので固より彼我の別はない。(中略)食事がすめばサア鬼ごとゝいふので子供などは頬ぺたの飯粒も取りあへず一度に立って行く。女子供は普通に鬼事か摘草かをする。それで夕刻迄遊んで帰るのである。余の親類がこぞって行く時はいつでも三十人以上で、子供が其半を占めて居るからにぎやかな事は非常だ。(中略)半日運動して、しかも清らかな空気を吸ふのであるから、年中家に籠って居る女にはどれだけ愉快であるか分らぬ。(中略)歌舞伎座などへ往て悪い空気を吸ふて喜んで居る都の人は夢にも知らぬ事であらう。 『墨汁一滴』明治三十四年四月十日条

自分等の郷里では春になると男とも女とも言はず郊外へ出て土筆を取ることを非常の楽しみとして居る習慣がある。この土筆は勿論煮てくふのであるから、東京辺の嫁菜摘みも同じやうな趣きではあるが、実際はそれにもまして、土筆を摘むといふ事其事が非常に愉快を感ずることになって居る。 「病牀苦語」(明治三十五年)


坪内稔典著『子規山脈』にこの「おなぐさみ」に言及した記述があるので引用しておくことにしよう。

〈おなぐさみ〉は、農山村で山遊び、漁村で磯遊びなどと呼ぶ、全国的な春の行事のヴァリエーションであろう。共同飲食を伴うその行事は、古代の歌垣とか国見につながっている。人々は、花や雲という勢いのよいものを見て、その勢いの感染によって、冬の間に弱った命を回復させようとした。また、豊作や幸せをも願った。ともあれ、こうした行事は、今日の花見や春の行楽の起源だが、子規が〈おなぐさみ〉をすこし誇らしげに回想しているのは、そうした遊びが、〈へぼ〉で〈青びょうたん〉の子規の心をのびやかに開いたからだろう。


子供の頃の子規が「へぼ」「青びょうたん」などといわれていたことについては、当ブログ本年1月7日記事を参照していただきたい。

【典拠文献・参考文献】
『子規全集』第2巻(俳句2) 講談社 1975年6月
『子規全集』第11巻(随筆1) 講談社 1975年4月
『子規全集』第12巻(随筆2) 講談社 1975年10月
坪内稔典『子規山脈』NHKライブラリー 1997年10月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード