道後松ケ枝遊郭

天保12年(1841)、道後湯ノ町に十軒茶屋(若竹屋・今津屋・増田屋・玉屋・若松屋・木下屋・津田・松尾・橘屋・讃岐屋)と呼ばれる遊郭が組織されたが、のちに風儀を乱すという理由で営業が差し止められ、道後湯ノ町は灯が消えたようなさびしさとなった。安政3年(1856)、町民の請願をうけた代官三浦庄左衛門のはたらきで遊郭の再興が実現した。明治初年、温泉付近に散在していた貸座敷(茶屋)を一か所にまとめることが決定され、移転候補地として道後祝谷が選ばれたが、地主と借地料の話し合いがつかず、宝厳寺門前の参詣道の南北の土地(松ケ枝)に移ることになった。参詣道の南北に12軒ずつ計24軒の貸座敷の建築が突貫工事で進められ、明治10年(1877)1月から道後松ケ枝遊郭として営業が始められた。昭和14、5年頃には、紀の国家楼・泉五楼・菊水楼・宝家楼・富之家楼・高砂楼・大紋楼・大岩楼・千歳楼・月見楼・明月楼・幸楼支店・相生楼・夢の家楼・新開進楼・朝日楼(以上参詣道南側)・好晴楼・金生楼・松鶴楼・一藤楼・大正楼・幸楼・開進楼・初音楼・翠月楼・美玉楼・清月楼・岡猪楼・永楽楼(以上参詣道北側)の貸座敷があり、そのほとんどは芸妓と娼妓を抱えて営業していたが、宝厳寺寄りの4軒(朝日楼・新開進楼・夢の家楼・相生楼)は娼妓だけを抱えて営業する貸座敷であった。

松ケ枝遊郭は漱石の『坊っちゃん』では「左に大きな門があって、門の突き当りがお寺で、左右が妓楼である。山門のなかにまた遊郭があるなんて、前代未聞の現象だ」と描かれている。子規の『散策集』には「宝厳寺の山門にうちかけて」と前書きした「色里や十歩はなれて秋の風」の句がある。[現在の松ケ枝は駐車場や空き地が目立ち、荒涼とした感が漂っている。]

【典拠文献・参考文献】
松山市教育委員会編集発行『子規遺稿 散策集』(増補版)1977年11月
愛媛県史編纂委員会編『愛媛県史 地誌Ⅱ(中予)』 1984年3月
篠崎勝監修『愛媛の女性史-近・現代-』第1集 女性史サークル 1984年8月
『漱石全集』第2巻 岩波書店 1994年1月

[後記]当ブログ2010年3月10日記事も参照していただきたい。


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード