江藤淳の道後温泉訪問記

江藤淳(文芸評論家)の「漱石のなかの風景」と題するエッセーに道後温泉のことが語られているので引用しておこう。江藤淳が1970年代に松山を訪れたときの印象が同エッセーでは語られている(便宜上三段に分けて引用する)。

少し寝坊をしたかなと、あわてて宿の玄関にまで出て行くと、もうA記者が丹前姿で待っている。朝七時半ごろである。
「早いですな」というと、
「道後温泉は、六時からやっているそうですよ」という返事であった。
私たちは、これから漱石の坊っちゃんが赤手拭をぶら下げてかよった道後温泉の朝湯に行こうというのである。(中略)
松山は、どこへ行っても子規と漱石という感じだが、漱石がこの町にいたころの面影をとどめているのは、三番町の旅館木戸屋の玄関のほかには、この道後温泉くらいなものである。昭和二十年七月の空襲が、通常兵器による爆撃では広島に匹敵するといわれるほど徹底的なもので、市街区の大半を焼き払われてしまったからである。


「旅館木戸屋」とあるのは、きどや旅館(城戸屋旅館)跡のことである(現在旅館としての営業はしていない)。明治28年、漱石が松山中学の英語教師として赴任したとき、最初に宿泊したのがこのきどや旅館である(『坊つちやん』に出る山城屋のモデル)。漱石はこのきどや旅館から一番町の愛松亭の二階に移り、さらに二番町上野方の離れ(愚陀仏庵)に移り住んだ。愚陀仏庵は城山ふもとの萬翆荘の裏側に再建されている。

早朝だというのに、道後の土産物屋はもう店を開けはじめている。そのアーケードをぬけたつき当りが、大きなお寺の本堂のような道後温泉の建物だ。大衆料金は四十円だが、坊っちゃんが八銭奮発してかよった上等は、今では一人前百二十円とる。階上にあがると、昔のままに浴衣をかしてくれて、湯上りにはお茶が出るらしい。しかし茶釜と並んでオロナミン・C・ドリンクや、コカ・コーラが置いてあるのが七〇年代である。


ここに記されている料金はすでに改定されている。

道後の湯は肌ざわりが柔かく、たいして熱くはないが、身体(からだ)の芯からあたたまるので心持がよい。A記者が「立って乳の辺まである」湯壺をつっきって、お湯の落ち口に立つ。入浴客はこの時間は地元の御隠居さんたちが多いらしく、観光客らしい人々の姿はあまり見あたらない。
湯気ごしに湯壺の上をみると、石に女神のようなものが浮彫りにしてあって、そのわきに万葉仮名らしいものが彫りつけてある。「ちはやぶるかみよの…」などと書いてあるらしいが、湯気がけむってよく読めない。しかし、この道後温泉が開業したのは、漱石が愛媛県尋常中学校教諭として松山に赴任した前年の明治二十七年(1894)である。つまり彼は「坊っちゃん」にあるように、「新築」したばかりのこの温泉にかよったのである。
係の女の人が「天目へ…載せて」出してくれたお茶でのどの渇きをうるおして、ぶらぶら宿に戻りかけると、正月十四日というのにもう春の気配がする。
春やむかし十五万石の城下かな
という子規の句が、ふと頭に浮ぶ。なんだかまた少し眠くなって来た。漱石がこの松山に一年しかいなかったわけがわかるような気がする。


「ちはやぶるかみよの…」とあるのは、千家尊統(たかつね 出雲大社宮司)の歌「ちはやぶる神代(かみよ)ながらの出で湯にはあやにかしこき御魂(みたま)さきはふ」で、湯釜(「神の湯」西浴室のもの)に彫られているのはその万葉仮名「知波弥布留可美世那賀良乃伊伝湯爾波阿弥爾可志古支美多麻左支波布」である。「天目へ…載せて」は、『坊つちやん』の「温泉は三階の新築で上等は浴衣をかして、流しをつけて八銭ですむ。その上に女が天目へ茶を載せて出す」という一節を受けたものである。

【典拠文献】
『漱石全集』第2巻 1994年1月
江藤淳『決定版 夏目漱石』新潮文庫(改版) 2006年3月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード