愛媛松山の文化的風土

愛媛新聞に連載中の記事「従軍記者正岡子規」で、執筆者の末延芳晴は、取材調査で松山を訪れた際の印象として、この地にある「子規文化とでも呼ぶべきものの伝統の長さ」と「懐の深さ」「裾野の広がりの大きさ」に「驚かされた」と書いている。加えて、「郷土が生み出した文学者をこれほど大切に思い、その精神を受け継ごうとして、市を挙げて取り組んできた例は日本全国ほかにないといっていいだろう」とも書き記している(愛媛新聞09年11月23日掲載)。これは連載の初回の記事だから、地元へのサービスという意味合いもいくぶん含まれているにはちがいない。

現代の代表的な詩人の一人大岡信は、子規に関するセミナーで、「松山は文化的に水準の高いところです」、「松山という町が文化的に豊かな土壌をすでに持っていて、その土壌に生みつけられた種のひとつが、正岡子規であり、高浜虚子であり、河東碧梧桐であったのです。それが幸せだったと思います。近代から現代に至る俳句においても、松山という土地がどうしてあんなにすごい連中を生んだかということの秘密にもかかわりますけれども、皆さま方ご存じの現代の俳人で言えば、中村草田男、それから石田波郷ですね。そして、波郷を少年期に俳句に導き入れた五十崎古郷という俳人、みんな松山地方の出身です。彼らは正岡子規たちがここから出たということだけで、自分を支えるエネルギーを得ているのです」といっている。松山の豊かな文化的土壌が子規を生み、子規が出たことで、それにつづくものたちが力の源泉となるべきものを得た。なるほどこれは子規文化といっていいものなのかもしれない。

司馬遼太郎と大江健三郎がテレビ番組の収録で、松山を訪れたときの話。二人はホテルで朝食をともにしながら雑談をしていた。司馬は快活に話し、後ろのほうにいた別の二人の客も司馬の方をうれしそうに見ていた。話の中で司馬が、「愛媛は非常に文化的ですね。高知はあまり文化的ではないですね」と語ると、後ろのほうにいたその二人の客の表情が突然険しくなり、近づいてきて、「司馬先生、お久しぶりです。高知県庁の〇〇です。先生、高知県が文化的でないとはどういうことでしょうか」と詰問したという。大江健三郎は後日、「司馬さんはほとんど失敗をなさらない方だが、あれは失敗でした」と語ったそうである。

【参考文献】
大岡信『正岡子規-五つの入口』岩波書店 1995年9月
「司馬さんの控室 担当記者が見たあの日 大江さんと司馬さん」(『未公開講演録愛蔵版Ⅵ 司馬遼太郎が語る日本』朝日新聞社 1999年7月)

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード