「歩兵第二十二聯隊跡」碑・「櫻井忠温誌」の格言碑(堀之内)

DSCN1539_convert_20170319123344.jpg

堀之内(城山公園)にある「歩兵第二十二聯隊跡」碑。その傍らには「櫻井忠温(日露戦争の戦記小説『肉弾』の著者)誌」の格言碑(下の画像)。

DSCN1538_convert_20170319123327.jpg

最も愛情あるものは最も勇敢なり 櫻井忠温誌


櫻井忠温の『肉弾』には次の文章(下線引用者)。

情を山川に寄せ、憶を風月に委ねて、家郷を望むは人情の常、心の猛き武夫(もののふ)とて、此情に何の差異があらうか? 最も勇敢なるものは最も柔和に、最も愛情あるものは最も剛毅なりとさへ、詩人は歌ったでは無いか? 嗚呼(ああ)彼等露兵、身は虐政の下に猟()り立てられ、家を去りて万里に苦厄を嘗む。其心事や誠に憐むべきでは無きか!(櫻井忠温『肉弾』第十九章「戦場の跡」)


下線部はアメリカの詩人Bayard Taylor(→外部サイト)の"The Song of the Camp"という詩の一節、

The bravest are the tenderest,—
The loving are the daring.


に該当するものであるのかもしれない。有名な一節であったらしく、新渡戸稲造の『武士道』にも

「最も剛毅なる者は最も柔和なり。最も愛ある者は最も勇敢なり」とは、古今東西の通義なり。(新渡戸稲造『武士道』第五章「仁愛 不忍の心」)


と出ている。

DSCN1546_convert_20170319123400.jpg

堀之内よりの松山城本丸本壇。

【参考文献】
櫻井忠温『肉弾』英文新誌社 1906年4月
新渡戸稲造(櫻井鴎村訳)『武士道』丁未出版社 1908年3月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード