「だんだん」

「ありがとう」を意味する方言「だんだん」は伊予だけでなく、西日本の各地で使われている(あるいは、使われていた)。『日本国語大辞典』によると、「だんだん」は「天明(1781-89)頃から京都の遊里に始まるあいさつ語」で、「だんだんありがとう」の略であったという。とすれば、「だんだん」は「かさねがさね。いろいろと。あれやこれやと」が原義であったということになるだろう。同辞典では、感謝を表わす語としての「だんだん」の流布地域として、鳥取県西伯郡・日野郡、島根県出雲・隠岐島、山口県大島(幼児語)、香川県塩飽諸島(幼児語)、愛媛県、高知県幡多郡(主として子供の言葉)、福岡市、熊本県、大分県、宮崎県西臼杵郡を挙げている。『日本語方言辞書』では、「古来のダンダンが、今日も、九州、中国、四国のうちに、かなり見られる。近畿にも、痕跡的なものがなくはない。総体には、近畿以西の地方に、もと、かなりよく流布したものであろうか。四国では、愛媛県下に、とりわけ多くダンダンがおこなわれていようか。(子どもたちにも、これがかなりよくおこなわれている。)高知県西南部には、ダンダンがある。徳島県内にも、わずかには、ダンダンが見られるか」と記述しているが、当地松山で実際に「だんだん」を耳にしたのは、子供の頃、昭和40年代の後半にただ一度あるだけである。

【参考文献】
藤原与一『日本語方言辞書-昭和・平成の生活語-』下巻 東京堂出版 1997年1月
『日本国語大辞典(第二版)』第8巻 小学館 2001年8月

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード