正岡子規「七曲り」の句碑

DSCF3065_convert_20150409120219.jpg

永き日や菜種づたひの七曲り 子規


山越6丁目・高崎公園にある子規句碑。明治25年(1892)6月17日付の碧梧桐宛ての手紙に「松山名処名物十二月等でき申し候。(中略)十二ヶ月中三月の分左に記し申し候」としてこの句がある。「七曲り」は山越から姫原を経て鴨川に至る街道。加藤嘉明が城下北方からの敵襲を想定して、屈折した道として造ったのでその名がある。「七曲り」を詠んだ子規の句にはこのほかにも、「菜の花や道者よびあふ七曲り」(明治26年)がある。

【参考文献】
『子規全集 第十八巻 書簡一』講談社1977年1月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード