東野御殿「竹のお茶屋」

DSCF2989_convert_20150403103255.jpg

松山市東野4丁目。

DSCF2967_convert_20150403103145.jpg

農協神社。この辺り一帯は松山藩主松平定行の隠居所「東野御殿(東野お茶屋)」があったところである(県指定史跡)。

DSCF2962_convert_20150403103347.jpg

今は観音堂と池とわずかばかりの竹林があるのみ。

DSCF2965_convert_20150403104521.jpg

「東野御殿」には、定行の居住する御殿のほかに「竹のお茶屋」「風呂のお茶屋」「傘のお茶屋」「いろはのお茶屋」などの草庵、達磨の像を安置した「安心堂」などの堂宇があった。「竹のお茶屋」はその名の通りすべて竹でできた草庵であったらしい。子規、虚子の次のような句がある。

   松山東野
閑古鳥竹のお茶屋の人もなし 正岡子規(明治28年)


秋の蚊や竹のお茶屋の跡はこゝ 高浜虚子(昭和26年)


池の北側の少し小高いところにその「竹のお茶屋」があったといわれる。

【参考文献】
『子規全集 第二巻 俳句二』講談社1975年6月
松山市史編纂委員会『松山市史 第二巻』1993年4月
『虚子五句集(下)』岩波文庫1996年10月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード