明治29年4月11日、夏目漱石、松山を去る

明治29年(1896)4月11日-この日、夏目漱石が松山での1年間の教師生活を終えて、当地を出立、新任地の熊本に向かった。三津浜港を午前9時に出る船でひとまず広島に赴く(東京に帰る高浜虚子も広島まで同行)。三津浜港には松山中学校長の横地石太郎・上野義方(愚陀仏庵の家主)の孫娘宮本より江(11歳。結婚後久保姓)・村上霽月が来ていて、漱石を見送った。

より江は漱石がこの出立の前夜、湊町3丁目の向井書林で画譜を買ってくれたという。

松山を御出立の前夜湊町の向井へおともして買っていただいた呉春と応挙と常信の画譜は今でも持っております……。(高浜虚子宛ての久保より江の手紙)


霽月は漱石がこの出立のおり、鬱金木綿(うこんもめん)の袋に入れた大弓を携えていたと述べている。

君が熊本へ立つ時も鬱金木綿の袋に入れた大弓は自ら携へて汽船に乗るのを見送ったことを記憶する。(村上霽月「漱石君を偲ぶ」)


漱石は松山に来る1年ほど前より弓の稽古を始め、在松時代もその稽古に励んでいた。

DSCF0208_convert_20150327214022.jpg

現在の三津浜港。明治の頃の汽船乗り場は三津3丁目4付近。埋め立てられて住宅街となっている。

DSCF2574_convert_20150328111345.jpg

「きせんのりば」の標柱(三津1丁目)。明治の頃、三津浜港の汽船乗り場にはこの標柱が設置されていた。漱石もこれを目にしているはずである。

【参考文献】
霽月村上半太郎翁生誕百年祭実行委員会『霽月句文集』1978年11月
和田茂樹『子規の素顔』愛媛県文化振興財団1998年3月
高浜虚子『回想 子規・漱石』岩波文庫2002年8月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード