三輪田米山、大宝寺の桜を見に行く

三輪田米山(日尾八幡神社祀官・書家)の日記、嘉永4年3月5日(1851年4月6日)条に大宝寺の桜を見に行ったとの記述がある。

(嘉永四年)三月五日 木村の誘ひによって西山大宝寺へ桜狩りに行く。制札に、この花を折る時は仏の心にかなはざるよし記しければ、それにくくりつけたる、
みほとけもさこそあはれと思ふらしかくたぐひなき花の盛りは


大宝寺を訪れた米山、境内の立て札に「桜の枝を折るのは仏の心にたがうおこない」とあるのを見て、「みほとけも~」と詠み、短冊に記してその札に括りつけたのであった。米山このとき30歳、大酒家としてののちのイメージとは異なり、このときは純然風雅の人、古の貴紳を思わせるようなふるまいであった。

DSCF2360_convert_20150323192124.jpg

DSCF2366_convert_20150323192213.jpg

DSCF2370_convert_20150323192245.jpg

大宝寺(松山市南江戸5丁目)の「うば桜」。

【参考文献】
松山市史料集編集委員会編『松山市史料集 第八巻』1984年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード