嘉永7年(安政元年)2月8日、松山城の天守落成

嘉永7年(安政元年)2月8日、松山城の天守落成の式典が盛大に催された。同日は西暦1854年3月6日、161年前の今日である。『松山叢談』の記述によると、この式日以降、「家中の面々」への「御本城拝見」、「家中七十歳以上の面々へ御料理」、「拝見勝手次第(観覧自由)」の「祝儀御能(祝賀能)」など連日の催しが営まれたようである。

松山城の天守は天明4年(1784)の元日、落雷によって焼失。その70年後の再建となったわけだが、時代はすでに幕末、あと14年で明治維新というときになっての天守落成であった。

DSCF1752_convert_20150223151453.jpg

DSCF2007_convert_20150305112702.jpg

DSCF2046_convert_20150305125530.jpg

【参考文献】
『松山叢談 第三』豫陽叢書刊行会 1936年8月
松山市史編集委員会『松山市史 第二巻』1993年4月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード