藩主松平定行、城山を緑化

松平定行(1587-1668)が松山に入部した頃、城山には木が至って少なく、赤土のはげ山に城がそびえたっているように見えたという。

古老の咄に、松山城のありさまを聞くに、御入国(注-松平定行の松山入部)の節は松も至って小さく、親立ばらばらと生えて、大半赤土山に城を築きたるがごとし。(『垂憲録拾遺』)


定行は城山に麦や粟などを撒いて野鳥が集まるようにした。鳥の糞にまじる木の種子から雑木が生い立つようになるからであった。

古書に、御入国のときは御城山はげ山にて樹木もこれなきよしに付き、麦・粟などを御蒔かせ、鳥類の集まるようにあそばされしとなり。鳥の糞には多く諸木の実あり。その糞より自然と実生えにて樹木生いたつものなりと。(『古今記聞』)


定行はまた日向(現在の宮崎県)より松の実を取り寄せて、城山に蒔かせた。日向の松は当時、良材として有名だった。

右の通り仰せ付けられ候後、日向の国より松の実を御取り寄せにて御蒔かせあそばされ、当時(注-現在の意)のごとく松生い立たるよし。日向の国は松良材のよし、御城松はことごとく日向の種なれば良材なりと。(同上)


はじめは松の木を取り寄せ植えさせたのだが全滅したので、松の実を取り寄せて蒔かせたのだともいう。

松を日向の国より御取り寄せ、夥しく御植えさせあそばされたりしが、遠路を経たる故にや、一本もありつかずして枯れたり。再度、日向の実を御取り寄せ、御蒔かせあそばせしが夥しく生え出たり。御隠居様(注-定行)御一生の内にいずれも七、八尺にはなりたるよし。(『垂憲録拾遺』)


陽あたりのよい城山の南側はこの日向の松が育ち、北側の陰湿地は鳥の糞の種よりの雑木が茂ったという。

右の鳥の糞中に樹木の種ありて、おいおい雑木生ずといえども、南向きの方はかわきつよくて実生じがたく、北うらの方は陰地なれば実生ず。当時、南の方には雑木少なく松多く、北の方は雑木多きは右の故なりと。(『古今記聞』)


現在の城山はシイ・クスノキ・ホルトノキなどが生い茂る常緑広葉樹林(県指定天然記念物「松山城山樹叢」)、野鳥の宝庫ともなっているという。

DSCF1911_convert_20150220123339.jpg

DSCF1918_convert_20150220123440.jpg

DSCF1555_convert_20150219142924.jpg

【参考文献】
伊予史談会編集発行『垂憲録・垂憲録拾遺』1986年1月
伊予史談会編集発行『古今記聞』1991年5月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード