伊佐庭如矢の胸像(松山市道後湯之町)

DSCF8284_convert_20150116152010.jpg

DSCF3337_convert_20150116151920.jpg

道後温泉本館北側にある伊佐庭如矢の胸像。道後温泉本館建設100周年を記念して平成7年(1995)に建てられた。

伊佐庭如矢翁
  真鍋士鴻書


伊佐庭如矢は、明治二十三年道後湯之町の初代町長として、道
後温泉本館建築に情熱のすべてを注ぎ、幾多の困難を乗り越えなが
らも明治二十七年四月落成に至った。
棟梁は城大工の坂本又八郎で、重厚な伝統技術を生かしながらも
洋風建築の優れた点を取り入れ、伊佐庭如矢を助けた。
伊佐庭翁は、明治三十五年に任期満了により町長退職。余生は
詩歌、茶の湯などの風流に親しみ、明治四十一年九月、永眠した。


道後温泉本館建設百周年記念
  平成七年(一九九五)五月



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード