秋山真之、元気のない正月

明治29年(1896)1月初め、秋山真之が子規のもとを訪問。秋山が訪れたのは3年ぶりで半日閑談したのだが、このときの秋山はあまり元気がなかったと子規は述べている。

秋山、この正月三年ぶりにて尋ね来たり、半日ばかり閑談致し候。(中略)秋山も強情ものなれば後来、何かやらかすべしとは存じ候へども、この正月逢ひたる時、あまり元気なきやう見受けし故、如何やと心配致し居り候。(明治29年8月28日付・井林博政宛て子規書簡)


前年の11月18日、秋山は日清戦争の功により勲六等単光旭日章を受章。軍人としては栄誉であったはずで、気力充実の正月を迎えていたとしてもおかしくはないのだが、子規を心配させるほどの元気がない様子。日清戦争での戦場体験で何か思うところがあったのかもしれない。

「秋山も強情ものなれば後来、何かやらかすべしとは存じ候へども」-秋山は将来、何か大きな仕事をするというのが子規のかたく信ずるところであった。「天下の英雄は秋山と自分のみ」というような意識も子規にはあったようである。

「秋山は早晩何かやるわい」といふ事は子規君の深く信じて居られた事で、大きくいへば天下の英雄は吾子と余のみ、といったやうな心地もほの見えて居った。(高浜虚子「正岡子規と秋山参謀」)


子規の表現によれば秋山真之は「剛友」(『筆まかせ』第一編・明治二十二年の部「交際」)。強き友であっただけに、その元気のなさは子規をとりわけ心配させたのであった。

【参考文献】
秋山真之会編『秋山真之』1933年2月
『子規全集 第十巻 初期随筆』講談社 1975年5月
『子規全集 第十九巻 書簡二』講談社 1978年1月

DSCF6862_convert_20141201182459.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード