和田重次郎の銅像・顕彰碑

DSCF5834_convert_20140918113343.jpg

松山市日の出町の石手川沿いにある「和田重次郎像」(左)、「和田重次郎顕彰碑」(中央)、「新田次郎文学碑」(右)。新田次郎の文学碑は、和田重次郎の半生を描いた小説「犬橇使いの神様」を記念するものらしい。和田重次郎(1875-1937)は現在の西条市小松町の生まれ、幼少期を母の実家があった松山市日の出町で過ごした。犬橇を使った探検家、アラスカ開拓の先駆者であったという。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード