「牛をおたべなされ」-正岡子規のごちそう主義

前回のつづき)人間の活力のもとはごちそう、ごちそうとは要するに肉食で、「牛をおたべなされ」というのが子規のごちそう主義の眼目であった。

身体の活動の鈍きはすなわち栄養の不十分に原因致し候もの故、この無精を直さんとならばごちそうを喰うが第一にござ候。(中略)ごちそうを贅沢のごとく思うは大いなる誤りにて、富も智慧も名誉も一国の元気もみなこのごちそうの中より湧き出()で申すべく候。もっともごちそうと申し候いても正月の筍を喰い、舶来の罐詰を賞翫するような奢侈をいうものにあらず、一口に具象的に申し候わば、牛をおたべなされと申すことにござ候。牛がなければ豚にてもよろしく、豚がなければ鳥にてもよろしく、鳥がなければ魚にてもよろしく候。(正岡子規「消息」ホトトギス第3巻第3号 明治32年12月10日)


動物性タンパク質の摂取が極端に乏しかった旧時代、子規のこの主張は頗る理にかなったものであった。

河東碧梧桐の「のぼさんと食物」には次の一文。

健啖のせいでもあったが、持論というほどのものではなかったが、二タ口目には、ごちそう論を振りまわして、人間食い物を吝(おし)むようでは、何事も出来ない、と一言に喝破してしまった。財産収入の許す限り、ウンとごちそうを食え、と誰にでも賄(すす)めた。坂本四方太は、総てにつつましやかな、几帳面な男であったが、鳴雪同様、骨と皮のように痩せていた。写生文の振った時代は、そうでもなかったが、二、三度書いたものが余り出来がよい方でないと、きまって、四方太も、もちっとごちそうを食わんといかんなア、と心から歎息したりした。その時、四方太は、これでも子規先生よりごちそうを食っているつもりだ、と言ってわざわざ弁解に根岸まで出かけたりした。


「ごちそうを食え」が子規の口癖のような主張となっていたことが窺われる。

【参考文献】
『子規全集』第12巻(随筆2)講談社 1975年10月
河東碧梧桐『子規を語る』岩波文庫 2002年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード