子規「はね鯛を取て押へて沖鱠」の句

明治25年(1892)8月5日-この日、正岡子規は河東碧梧桐、新海非風、高浜虚子とともに三津の料亭「溌々園」(通称「三津のいけす」)に赴き、競吟(せりぎん)をおこなった。同日の競吟の題は「蓮の花」「游(およぎ)」「沖鱠(おきなます)」など。子規はこの席で「咲立つて小池のせまき蓮哉」「ともづなにあまの子ならぶおよぎ哉」「はね鯛を取(とっ)て押へて沖鱠」等の句を詠んだ(「沖鱠」は沖でとれた魚を船上でなますにして食べる野趣あふれる料理)。

同日の競吟の模様は碧梧桐の『子規の話』の「三津のイケス」の章に克明に描かれている。以下、その「三津のイケス」の章の一部。

子規は次ぎの題を沖鱠ときめて、すぐに一句をかきつけた。
はね鯛をとっておさへて沖鱠
(中略)
一気に五句書きつづけてニタニタ笑っている子規は、どうやら俳境に身を浸したようなおちつきと満足に、その額の広い白々とした顔が輝いていた。横に切れた目尻に愛嬌の皺をよせて、じっと虚子を見た。
子規「きよさん、お前おされておしまいたのか。」
虚子「どうも出来んな、沖鱠というものを知らんけれな。」
非風「マアお前、さし身を食う気でやるのよ。ここで食やア、大抵の魚は生きとらい。ここの朝市でもお前、はね鯛を取って押さえようがな……なるほどな、ここの芸者は三味線を叩くな。」
子規「アハハハ、やっぱり気になると見えるな。」
非風「凡夫のあさましさでな、オイもう競り吟なんかやめようや。」
碧梧「まアこれからという処じゃがな、まアお待ちや。」 (河東碧梧桐『子規の話』14「三津のイケス」)


非風に言に「ここで食やア、大抵の魚は生きとらい」-「溌々園」は三津で水揚げされる新鮮な魚を提供することで有名だった。敷地内に海水を引きこんだ大きな生簀(いけす)があることから「三津のいけす」とも呼ばれていた。「ここの朝市」と言っているのは、その賑わいで有名だった三津の朝市のことである。

軽口もまじえての遊戯的な気分の競吟句会。三津「溌々園」でのその句会は122年前の今日(8月5日)おこなわれた。

【参考文献】
『子規全集』第15巻(俳句会稿)講談社 1977年7月
河東碧梧桐『子規の話』岩波文庫 2002年6月

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード