昭和20年7月26日、松山大空襲

昭和20年(1945)7月26日夜、B29の編隊が松山上空に達し、焼夷弾を投下。この空襲により松山市の中心部は大半が焼失、罹災戸数14300戸、罹災者62200名、死者・行方不明者259名に及んだ(松山大空襲)。下の画像は愛媛県美術館旧館前にある「戦災復興記念」碑。昭和43年5月、松山市の建立。松山市が戦災から復興、30万都市として隆盛をみるに至った旨が記されている。

DSCF6298_convert_20140617112453.jpg

DSCF6297_convert_20140617112410.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 松山情報へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード